ニュースセンター

ニールセン、全米テレビ世帯外測定サービスの開始を発表

3分で読む|2016年10月

ニューヨーク(ニューヨーク州)-2016年10月24日-本日、ニールセン(NYSE: NLSN)は、ポータブルピープルメーター(PPM)技術とパネリストを活用し、全米テレビクライアントの家庭外視聴を測定する計画を発表した。このサービスに加入するクライアントは、ニールセンの全米テレビ視聴率パネルに基づく家庭内テレビ視聴と、PPMパネルに基づく家庭外視聴を組み合わせた視聴者推定を受け取ることになる。

「ESPNは20年前、ニールセンと協力してアウト・オブ・ホームTV測定の先駆者となった。パッシブ・リアルタイム・テクノロジーを使用したこの新たな進歩は、大きな飛躍を意味します。ESPNは、スポーツバーからジム、ホテル、職場まで、スクリーンがあれば事実上どこでも視聴されていることが分かっています。C3、C7、およびそれ以降のサービスは、家庭内でのキャッチアップ視聴を測定するのに役立ちますが、この新しいサービスは、家庭外での視聴を正確に捕捉する能力を提供し、ライブスポーツのパワーと配信を倍増させると同時に、広告主にとって新たな価値ある視聴者セグメントを取引するのに役立ちます」と、ESPNのグローバルリサーチ&アナリティクス担当シニアバイスプレジデント、アーティ・ブルグリンは述べています。

このサービスは、ライブからライブ+7日間のタイムシフト視聴の番組視聴率とCM視聴率(C3/C7)の両方を提供する。ニールセンはこの新サービスを2017年1月からのデータで2017年4月に開始する予定。2016年9月までのデータは開始後まもなく追加される。ニールセンの全米TV家庭外測定サービスは、消費者がコンテンツを視聴するあらゆる場所、あらゆるプラットフォームで総視聴者数を測定するという同社のコミットメントのもう一つの例である。

「多様なブランドを擁する大手メディア企業として、ターナーは、今日の視聴者測定には、視聴者行動の全容を捉えるための絶え間ない革新が必要であることを認識しています。CNNやターナースポーツのように、膨大で貴重なアウト・オブ・ホームの視聴者を持つブランドにとっては、プラットフォームやスクリーン、場所に関係なく消費を測定できる必要があります。「ニールセンとの協力で、CNNのカスタム・アウト・オブ・ホーム・ソリューションにPPMテクノロジーを初めて採用しました。ニールセンの新しい全米TV Out-of-Home Measurement Serviceは、これらの機能をさらに推進するのに役立つでしょう。"

ニールセンは、契約クライアントに対し、番組とCMの視聴者数推計のための曜日別データを週単位で提供する予定である。この新サービスは独立したサービスとして開始されるが、ニールセンは後日、家庭外視聴を直接通貨の全国テレビ視聴率に組み込む予定である。

「ニールセン・クライアント・ソリューションズ&オーディエンス・インサイト担当エグゼクティブ・バイスプレジデントのサラ・エリクソンは、「プラットフォームや場所に関係なく、消費者がどこでコンテンツを視聴しているかを測定することは、ニールセン・トータルオーディエンスの中核であり、これには家庭外視聴も含まれます。「消費者は常に家庭外でテレビを見ていますが、その視聴はこれまで測定されていませんでした。この新しい測定によって、買い手も売り手も広告メッセージのリーチの増加を理解することができます。

ニールセンについて ニールセン

ニールセン・ホールディングス・ピーエルシー(Nielsen Holdings plc、NYSE: NLSN)は、消費者の視聴と購買に関する包括的な理解を提供するグローバル・パフォーマンス・マネジメント企業である。ニールセンのウォッチ部門は、メディアや広告のクライアントに、動画、音声、テキストなどのコンテンツが消費されるすべてのデバイスを対象としたトータルオーディエンス測定サービスを提供している。Buy部門は、消費財メーカーや小売業者向けに、業界唯一のグローバルな小売パフォーマンス測定サービスを提供しています。ニールセンは、Watch(視聴)セグメントとBuy(購入)セグメント、およびその他のデータソースからの情報を統合することで、クライアントにパフォーマンス向上に役立つアナリティクスも提供している。S&P500の一社であるニールセンは、100カ国以上で事業を展開し、世界人口の90%以上をカバーしています。詳細は www.nielsen.com

お問い合わせ

ゴーリキ・デ・ロス・サントス、gorki.delossantos@nielsen.com、646-654-4837