02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

アナログテレビからデジタルテレビへの移行

5分で読める本|2009年11月
DTV2

サム・セウォル、ニールセン・カンパニー、リサーチ・エグゼクティブ

要旨:2009年6月12日、米連邦通信委員会(FCC)は、米国内のすべてのテレビ信号のデジタル伝送を義務付けた。米国の世帯の大多数(97.5%)は、電源オフの1週間前にはデジタル移行に備えていた。ニールセンのデータによると、準備不足の家庭は、少数民族、若年層、低所得者層が多く、インターネットに接続していない傾向があった。ほとんどの家庭がデジタル変換ボックスを購入し、テレビのデジタル化に備えた。

2009年6月12日、FCCは米国のすべての高出力アナログテレビ局に対し、電波を停止し、デジタル放送のみに移行することを義務付けた。テレビ世帯がアナログ停波に対応できるようになるまでの過程と進捗状況を検証すると、アナログ停波したテレビ局が視聴者に与えた影響が明らかになった。

アメリカのほとんどの家庭は、デジタル放送への移行に対応していた。
スイッチの準備

6月12日の期限を迎えるまでに、米国のほとんどの家庭でデジタル化への準備が整った。デジタル移行までの1週間で、デジタル移行の準備がまったくできていない家庭(全米世帯のわずか2.5%)が激減した。そして10月4日現在、その数は0.5%に減少している。完全に準備ができていない家庭は、アフリカ系アメリカ人、ヒスパニック系、アジア系、若年層、低所得層が多く、インターネットにアクセスできる環境にない傾向があった。

DTV_チャート1

8月末までに、未対応家庭のほぼ4分の3がデジタル・コンバーター・ボックス経由でデジタルTVに切り替え、18.2%がケーブル加入、7.5%がDBS(直接放送衛星)を受信した。未対応家庭の所得が低いため、ケーブルやDBSに加入する代わりに、連邦政府が資金援助するコンバーターボックス・クーポン・プログラムを利用したものと思われる。

DTV_チャート2

未準備の家庭はテレビ視聴者全体のわずか1~2%である。
未完成でほとんど使われていない

一般に、6月12日の移行前、テレビの視聴が準備できていない家庭は全体の1-2%に過ぎなかった。デジタル移行の準備ができていないテレビは、準備ができているテレビに比べてニールセンについて 、3分の1の時間視聴された。未準備のセットは1日平均1.5時間視聴され、準備のできたセットは1日5.1時間視聴された。また、アナログ停波までの1週間で、準備の整っていないセットの60%近くがまったくテレビを視聴していなかった。

アンレディセットは通常、副寝室や台所など、テレビ視聴の中心ではない部屋に置かれていた。これらのセットの設置場所は、テレビ視聴のために使われることが少なかったことに対応している。

DTV_Table1

驚くべきことに、未準備世帯の年齢層は全米の数字よりも若い。完全に準備ができていない家庭の視聴者の半数以上が35歳以下であり、消費者のおよそ3分の1がこの年齢層である米国全体の統計と比較すると明らかである。また、未準備世帯の55歳以上の視聴者は、全米世帯の視聴者の半分以下であった。

DTV_Chart3

デジタルに移行したテレビ局のシェアは8%の減少にとどまった。
観客への影響

合計すると、デジタルに移行したテレビ局のアナログ停波直後のシェアは8%の減少にとどまった。この減少の半分は、デジタル移行にまったく準備ができていなかった家庭からの視聴が減ったことに起因する。さらに、これらの放送局への先行視聴者の13%は、少なくとも1台は未対応のセット、1台は準備のできたセットを持っている家庭からのものであった。このような一部未対応の家庭からも視聴者を失ったと思われる。

UHF(超高周波)からVHF(超高周波)にチャンネル位置を変更した放送局はより大きな影響を受け、13%のシェア低下を示した。UHFの信号しか受信できない "デジタル "アンテナを持つ家庭ではVHFのデジタル信号を受信できず、コンバーターボックスの再スキャンを行わなければこれらのチャンネルを受信できないからである。

未準備セットによる視聴者損失は、英語放送ネットワークよりもスペイン語放送ネットワークの方が大きかった。アナログ停波直前には、英語全国放送ネットワークの視聴者の3%が未準備セットからの視聴であった。スペイン語放送ネットワークではこの数字は3倍になり、視聴率の9%が未準備セットからのものであった。

視聴者数の減少は季節性の影響を受けた。
季節性も観客に影響を与える

こうした視聴者数の減少は、デジタル移行だけでなく、季節性も影響していると思われる。ニールセンのデータによれば、テレビ視聴は通常、夏場に減少する。例年を振り返っても、テレビシーズンの同じ時期に視聴レベルが落ち込んでいることが確認できる。

アナログ停波後の最初の2週間、移行局のシェアは移行前の2週間より8.4%低かった。移行後3週目と4週目では、移行局へのシェアは移行前より9.3%低かった。

過去の季節性トレンドに基づけば、2009年6月12日以降の週には各局のシェアはニールセンについて 2.4%から3.6%減少したと予想される。したがって、デジタル移行後の2週間で実際に発生した4.1%から6.1%の追加下落は、デジタル移行に起因するシェア下落の範囲とほぼ同じである。デジタル移行から日が離れるにつれて、以下のグラフが示すように、季節的なトレンドに起因する局数の減少が多くなる。

DTV_チャート4

デジタルの未来

超シャープなハイビジョン番組と、複数の標準画質のデジタル番組を同時に表示できるデジタル番組は、放送テレビを視聴する上で、アナログテレビよりも多くの利点を提供する。家庭で受信できるチャンネル数は以前より増えている。また、6月12日以降の非サイマル放送のデジタルサブチャンネルへの移行前後の視聴者シェアを見ると、緩やかではあるが増加している。ニールセンは今後もこれらのデジタルサブチャンネルの成長を追跡していく。

アナログ停波日が遠のくにつれ、2009年のトレンドは2007年と2008年のトレンドに近づきつつある。

類似の洞察を閲覧し続ける