02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

デジタル時代:若者はデジタル機器に惹かれる

1分で読む|2016年10月

デジタル時代に突入するにつれて、モバイルデバイスの使用がユビキタスになったことは驚くことではありません。コンテンツ消費が進化し続ける中、さまざまなデバイスのリーチ、消費者がそれらを使用する頻度、および使用期間を確認することが不可欠です。

では、プラットフォーム間で使用量はどのようになっているのでしょうか。ニールセンの2016年第2四半期比較指標レポートによると、テレビは最も消費されるプラットフォームですが、デジタルデバイスは若い消費者の間で勢いを増しています。実際、リニアプラットフォームとデジタルプラットフォーム全体で、18歳から34歳の平均視聴者の51%をデジタルが占めています。

また、ヤングアダルトはテレビ接続機器の使用を好みます。滞在時間を見ると、18歳から34歳の人は週に6時間40分、テレビ接続機器を使用しています。一方、35歳から49歳の成人は、週に最も多くの時間をスマートフォン、PC、タブレットに費やしています。ユーザーの週あたりの平均日数を見ると、18歳以上の成人は週に4日テレビ接続デバイスを使用しています。

黒人の視聴者は他のどのグループよりも多くのテレビを視聴しており、週に合計47時間58分視聴しています。ヒスパニック系住民は最も熱心なラジオリスナーであり、毎週13時間52分ラジオを聴いており、スマートフォンの使用に最も多くの時間を費やしています(週に14時間31分)。アジア系アメリカ人は、テレビ接続デバイスの週間使用量が最も多く、合計4時間18分となっています。

その他のインサイトについては、 2016年第2四半期のNielsen Comparable Metrics Reportをダウンロードしてください。

類似の洞察を閲覧し続ける