本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

第1四半期、世界の広告市場は4.8%増加

1分で読めるシリーズ|ステファニー・ユリ・マニング|2014年7月号

2013年通年で3.7%の成長だった世界の広告市場は、2014年第1四半期に再びスピードアップし、4.8%の成長を遂げました。広告が最も活発だったのは2月(8.4%増)で、これはソチ冬季オリンピックの収益増が一因と思われます。

地域別では、北米は米国の消費者の経済に対する確信がかなり高まったため、広告への投資が6.9%増加しました。Nielsenの報告によると、厳しい冬がカナダと米国の経済を冷え込ませたにもかかわらず、米国の消費者信頼感は2013年第4四半期から6ポイント上昇し、100となりました。 

2013年中に安定の指標となったアジア太平洋地域の広告市場は、主に中国(1.5%増)の減速により、第1四半期は2.1%増と冷え込みました。インドネシア(14.4%増)とマレーシア(13.3%増)の新興市場が、マイナス傾向の一部を打ち消すのに貢献しました。

ヨーロッパでは、広告市場は2013年の終わりとほぼ同じで、-2.1%の微減となりました。欧州の主要市場のいくつかで経済指標が期待外れだったため、欧州の広告主は、回復への慎重な楽観論にもかかわらず、依然として慎重な姿勢を取っているようです。