02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

世界の広告市場、第1四半期に4.8%急増

1分で読む|ステファニー・ユリ・マニング|2014年7月

2013年通年の成長率が3.7%だった後、世界の広告市場は2014年第1四半期に再び加速し、4.8%成長した。広告が最も活発だったのは2月(8.4%増)で、これはソチ冬季五輪による収入増が一因と思われる。

地域別では、米国の消費者が経済に対する自信をかなり強めたため、北米では広告への投資が6.9%増加した。ニールセンの報告によると、厳しい冬がカナダと米国の経済を冷え込ませたにもかかわらず、米国の消費者信頼感は2013年第4四半期から6ポイント上昇し、100となった。 

アジア太平洋地域の広告市場は、2013年中は安定の光を放っていたが、主に中国(1.5%増)の減速により、第1四半期は2.1%増と冷え込んだ。インドネシア(14.4%増)とマレーシア(13.3%増)の新興市場が、マイナス傾向の一部を打ち消すのに役立った。

欧州の広告市場は2013年末とほぼ同じ様相を呈し、-2.1%の微減となった。欧州の主要市場のいくつかは経済指標が期待外れだったため、欧州の広告主は回復への慎重な楽観論にもかかわらず、依然として慎重な姿勢を見せているようだ。 

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける