本コンテンツへスキップ
インサイト>FMCG & リテール

飲料用アルコールメディア・レポート

1分で読めるシリーズ|2015年12月

米国の消費者は、お気に入りのコンテンツに接するための大きな選択肢を持ち、多くの場合、複数の視聴や聴取のオプションを手元に置いています。このため、企業は、変化の加速と、消費者のメディアに対する時間と関心の継続的な断片化に対応する必要に迫られています。米国の消費者は、お気に入りのコンテンツがどこにあろうと、それを視聴するための時間を1日のメディアに加える一方で、ライブ視聴からデジタルやオンデマンドでの消費へと徐々に移行しています。

本レポートは、米国の飲酒適齢期(LDA)の消費者のメディア消費習慣について考察しています。3つの異なる視点を提供しています。

  • デジタルのベストプラクティス。アンハイザー・ブッシュ・インベブから学ぶデジタル成功の秘訣。
  • LDAの視聴者のメディア消費LDAの消費者がどのようにメディアコンテンツを消費しているかについての視点です。このセクションでは、消費者がどのようにデバイスやプラットフォームに接続し、どれくらいの時間そうしているかを、年齢や民族による21+の内訳とともに探ります。消費者は自分のニーズに合ったコンテンツを選んで消費しますが、その測定はそう簡単ではありません。これは、ニールセンがトータル・オーディエンス測定によって取り組んでいることである。
  • ベスト・オブ・ザ・ベスト」です。2015年第1四半期から第2四半期までの各アダルト飲料カテゴリーのベブアルテレビ広告を、広告がいかに市場内でブレイクし、ブランドに結びついたかによってランキングしたものです。

LDA消費者のメディア・ダイエット