02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

米国の消費者はメディアに費やす時間をシフトしている

1分で読む|2019年3月

2018年第3四半期ニールセン・トータルオーディエンスレポートによると、米国の成人は1日のほぼ半分をメディアとの対話に費やしている。全体的な総メディア利用時間は、1日10時間半、1日に利用可能な総分数の44%で、前年と変わらない。

テレビの生放送+タイムシフト視聴は1日あたり4時間以上、ラジオは2時間近くを占めるが、消費者は選択肢が広がるにつれて、この時間を費やす特定のメディアを変えている。例えば、インターネット接続機器(+8分)やスマートフォンのアプリ・ウェブ(+17分)の利用時間が増えており、以前は他の情報源に費やしていた時間を置き換えている。

ニールセンのオーディエンス・インサイト担当SVPであるピーター・カツィングリスが、2018年第3四半期ニールセン・トータルオーディエンスレポートの最新インサイトについて語る。ピーター氏は、メディアの状況がどのように変化しているのか、どのプラットフォームが最大の成長を遂げているのか、若年層と多文化オーディエンスがメディアとどのように時間を過ごしているのかについて強調する。

 

類似の洞察を閲覧し続ける