本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>イベント

ノイズを作るニールセン・オーディオが総視聴者数の精神に迫る

4分で読めるシリーズ|2015年12月

ニールセンのQ2 Comparable Metrics Reportによると、メディア別リーチという点では、ラジオは毎週90%以上のアメリカ人成人に接触しているという点でユニークである。35-49歳では95%に達する。そのため、ニールセンのTotal Audienceイニシアチブが、テレビやビデオと同様にオーディオ業界にも重点を置いていることは理にかなっている。ワシントンD.C.で最近開催されたニールセンのオーディオ・カンファレンスで行われたプロダクト・スーパー・セッションで、この強調はこれ以上ないほど明らかになった。

「ニールセンのグローバル・ウォッチ・プロダクト・リーダーシップ担当EVPであるミーガン・クラークンは、「オーディオ視聴者は、非常に熱心で、時には虜になることもあります。「だから、Total Audienceに関しては、TV/ビデオだけに焦点を当てることはできない。オーディオは視聴者にリーチするための重要なフォーマットなのです。

そのために、クラークンは、技術的で複雑な音声測定の世界と、リニアとデジタルのプラットフォームを横断してチューンインを捕捉する方法を強化するためのニールセンの継続的な取り組みについて突っ込んだディスカッションを開始した。

「オーディオのTotal Audienceを達成するためには、日記の市場、さまざまなタイプのコンテンツ、デバイス、プラットフォームを含むように測定を拡大し、市場での採用を獲得する必要があります。

良いニュースは、そのための基盤がすでに整っているということだ。プロダクト・リーダーシップ担当副社長のロブ・キャス氏が説明するように、デジタル測定は方程式の非常に重要な部分である。ニールセンのソフトウェア開発キット(SDK)により、ニールセンの48のポータブル・ピープル・メーター(PPM)市場で2,500以上の放送局のストリームを測定することができます。また、SDKの測定は、パネル・ベースのPPMに比べ、国勢調査ベースである。

Kass氏は、デジタル測定の将来は、プラットフォーム、オペレーティングシステム、デバイスにとらわれないクラウドベースの技術を通じて、ニールセンのSDKを展開することになると説明した。また、将来的には、ポッドキャストや人気のストリーミングサービスなど、測定の範囲も広がっていくだろう。パネルベースのアプローチとは異なり、SDKによる計測は複数の関係者のコラボレーションを必要とするチームスポーツである。

ニールセンのPPM視聴者測定の核心は、その電子透かし、つまりクリティカル・バンド・エンコーディング・テクノロジー(CBET)である。

では、電子透かしとは何か?

一言で言えば、人間が聞くことのできないデータを音声コンテンツに直接埋め込むプロセスである。ニールセンの継続的な改善努力の一環として、ニールセンは電子透かしを強化する措置を講じた。

ニールセンのチーフ・エンジニアであるアルン・ラマスワミ氏は、CBET技術の将来について語り、電子透かしをより堅牢で強固なものにすることに焦点を当てた。ニールセンの電子透かしにはコードが含まれており、各PPMは完全なコードと部分的なコードの両方をニールセンに送信する。部分的なコードが存在する場合、ニールセンは近くの完全なコードと照合することで「空白を埋める」編集ルールを持つ。放送局は現在、エンハンストCBET技術でエンコーダーを更新している。事前のテストと予備的な導入結果では、コード検出の品質が向上し、4半時間の平均視聴者数が増加している。

ラマスワミによれば、PPMの代わりとしてスマートフォンを使うことは、現在アメリカとカナダでテストされている。これは "友人と家族によるテスト "であり、バッテリー寿命に影響する問題を修正するための多大な研究開発努力の末に開始された。

「携帯電話が透かしを検出するとき、それは仕事をしているのです。「だからバッテリーを消費する。そのため、人々は透かしを無効にしてしまいます。ですから、私たちはコードを軽量化し、バッテリーの寿命に影響を与えないようにすることにかなりの時間を費やしました。

セッションの最後に、クラークンは、オーディオ測定の強化がニールセンのトータル・オーディエンス・イニシアチブのループを閉じるためにどのように役立つかについて全面的に説明した。

「このメディアはとてもユニークで、トータル・オーディエンスに適しています。「完全なストーリーを伝えるためにオーディオ・セット全体を測定することは、オーディオ業界にとって非常に適しています。SDKの実装はテレビよりもオーディオの方が早く、シームレスです。

(写真上マット・オグレディ(EVP、ローカルメディア担当マネージングディレクター)、メーガン・クラーケン(EVP、グローバルウォッチプロダクトリーダーシップ)、ロブ・キャス(VP、プロダクトリーダーシップ)、アルン・ラマスワミ(チーフエンジニア)、デニス・サフコ(VP、プロダクトリーダーシップ)。