ニュースセンター>マーケティング・パフォーマンス

ニールセン・アドインテル保険の最新レポートによると、広告費はセクター全体で6%急増

3分で読む|2024年6月
    • 過去12カ月間に保険セクター全体で4億4600万ドルの広告費
    • 旅行保険の広告費は前年比120%の大幅増
    • 医療保険、過去12ヶ月の広告費1億2230万ドルで業界首位
    • 保険会社の広告費トップはYOUi

    シドニー-2024年6月6日-ニールセンは本日、オーストラリアの保険業界における広告費に関する最新レポートを発表した。 

    この調査結果は、広告投資の大幅な増加を明らかにしており、競争が激化する市場で消費者の注目を集める必要性が高まっていることを浮き彫りにしている。

    報告書によると、2023年5月から2024年4月までの間に、オーストラリアの保険部門は4億4600万ドル以上を広告に投資し、これは昨年の同時期から6%増加した。

    この成長は、広告主がブランドの存在感を高め、顧客エンゲージメントを高め、市場シェアを拡大するために、広告にますます重きを置くようになっていることに起因する。

    メディア・ミックスは様々だが、メトロTVが圧倒的に多く、この部門の広告費の42%を占めた。次いで、一般ディスプレイ(20%)、ソーシャルメディアと屋外(各10%)、ラジオ(7%)、映画館と印刷物が残りを占める。

    同レポートはまた、広告費で主要な保険カテゴリーを取り上げ、医療保険が前年比6%増の1億2230万ドルでトップであった。

    法人保険は9,010万ドルで、4%の増加となった。 

    自動車保険は7,680万ドルで3位となり、これも前年同期比6%増となった。

    トップ3には入らなかったが、トラベル・インシュアランスは前年比120%の伸びを示し、2023年の417万ドルから2024年には918万ドルに跳ね上がった。

    また、同カテゴリーで最も広告費をかけているブランドも明らかになった。過去12ヶ月間、Youiがトップで、Auto & General Holdings、AAMI、Medibank Private、NRMAが続いた。

    ニールセン・アド・インテルのオーストラリア・コマーシャル・リード、ローズ・ロプレイアトは、「最近相次いだ自然災害と、コビッド以降オーストラリア人の旅行への情熱が再燃していることが相まって、保険会社は消費者へのリーチをより激しく争うようになった。この数字は、ターゲット・オーディエンスを惹きつける最も効果的で経済的な方法として、広告が持つ包括的な力を再確認するものです」。

    ニールセンについて

    ニールセンは、視聴者測定、データ、アナリティクスのグローバルリーダーとして、世界のメディアとコンテンツを形成しています。ニールセンは、あらゆるチャネルやプラットフォームにおける人々とその行動を理解することで、独立した実用的なインテリジェンスをクライアントに提供し、現在そして将来にわたって視聴者とつながり、エンゲージすることができます。ニールセンは世界55カ国以上で事業を展開しています。 

    詳しくは、www.nielsen.comやソーシャルメディアアカウントをご確認ください。 

    メディア連絡先

    ダン・チャップマン
    dan.chapman@nielsen.com
    040408846

    コマーシャル・コンタクト

    Rose Lopreiato
    rose.lopreiato@nielsen.com