02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト

映画館内広告の賞賛

2分で読む|2008年11月

映画館内広告は、2007年の米国の全広告費に占める割合はわずか(0.3%)だった。 しかし、ニールセン・プレビューによれば、広告主はメディア・ミックスの中で映画館広告の存在感を高めることを検討してもよいだろう。

ひとつには、映画館の観客は文字通り "虜 "になってしまうからだ。チャンネルを変えるという選択肢はないし、気を散らすものもほとんどない。

また、映画ファンは平均的なアメリカ人よりも可処分所得が多い傾向にある。 XBox、DVDプレーヤー、ブルーレイプレーヤーといった家電製品の購入率は他の国民よりもはるかに高く、多くの人がさまざまなメディアプラットフォームで他のエンターテインメントを貪欲に消費している。

子供、ティーンエイジャー、若い親、ヒスパニック系など、マーケティング担当者にとって垂涎の的である層も、熱心な映画ファンである傾向がある。

映画館内広告に課題がないわけではない。 現在、映画前の広告は、多くの視聴者に映画の予告編よりも明らかに人気がない。 画面上の広告の効果はまた、市場によってかなり異なる。

マーケティング担当者にとっての収穫は何だろうか? 

映画館内広告キャンペーンを、より広範な、複数の媒体を使ったキャンペーンに結びつける。 

効果的な映画館内広告には、テレビ広告とは異なるアプローチが必要だ。より長く、よりドラマチックで、「映画のような」クリエイティブを目指そう。 

最後に、映画前の広告を大スクリーンに限定するのではなく、DVDやライセンス・ビデオゲームなど、あらゆる映画の複数のフォーマットにキャンペーンを展開するようにしましょう。

ニールセン・プレビューのレポートを見る

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。