02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

富裕層と都市部ほどソーシャルネットワークを利用する傾向が強い

2分で読む|2009年9月

消費者行動の詳細なセグメンテーション分析を提供するニールセン・クラリタスによると、米国にいてフェイスブック、マイスペース、リンクトインのようなソーシャルネットワークを利用している場合、平均的な米国人よりも裕福で都会的である可能性が高い。

ニールセンについて 「ニールセン・クラリタスのリサーチ&デベロップメント担当AVPであるウィルス・コリガンは、「ニールセンのオンライン・データによると、米国人口の半数が昨年1年間にソーシャル・ネットワーキング・サイトを訪問しており、その数は四半期ごとに増加している。「これらのサイトの人気が高まり、消費者が深く関与していることから、広告主やマーケティング担当者は、オンライン広告やプロモーションでどのようなライフスタイルをターゲットにすべきかについて、より詳細な情報を求めています。

フェイスブック vs マイスペース

Claritasを通じて、ニールセンは、"Young Digerati "や "Beltway Boomers "のような66の人口統計学的、行動学的に異なるセグメントで米国の世帯を定義している。 これらのセグメントをニールセンの20万人以上のオンラインパネルの活動と重ね合わせると、2大ソーシャルネットワーク、FacebookとMySpaceの人口構成に顕著な違いが見られる。

  • フェイスブックユーザーのプロフィールは、大部分が高級志向である。裕福さに相対するライフスタイル・セグメントの上位3分の1は、下位3分の1の人々よりもFacebookを利用する傾向が25%高かった。
  • 豊かさに関連する下位3分の1の層は、上位3分の1の層よりもMySpaceを利用する傾向が37%高い。
  • また、フェイスブックの利用者は、マイスペースを利用している人よりも、ビジネスやプロフェッショナルなネットワーキングを目的としたネットワークであるリンクトイン(LinkedIn)を利用している傾向が強い。

ブロガーもより都会的に

ニールセン・クラリタスによると、ブログやツイッターをするコミュニティ全体は必ずしも裕福ではないが、ブロガーやツイッタラーはニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ、シカゴなどの都市部に住んでいる。最もアクセス数の多い上位2つのブログプラットフォーム(Blogger、WordPress)と最も人気のあるマイクロブログプラットフォーム(Twitter)の普及率を見ると、ニールセンの12の都市部ライフスタイルセグメントは、ニールセンの22の都市部&田舎部セグメントよりもブログやツイッターをする傾向が高い。

ブログやツイッターをよくやるライフスタイル層は、ブログやツイッターをやらない層よりもFacebookやLinkedInをよく使う傾向がある。例を挙げると、BloggerのUrbanライフスタイル層は、平均以下の層に比べ、Facebookユーザーである可能性が18%高く、LinkedInユーザーである可能性が140%高い。

ニールセンについて 方法論

ニールセンは、最もアクセス数の多い7つのソーシャル・ネットワーキング・ウェブサイトとプラットフォームを調査した: Facebook、MySpace、Blogger、Twitter、WordPress、ClassmatesOnline、LinkedInである。 セグメント別のウェブサイト普及率は、セグメントごとのウェブサイトへのユニークビジター数を各セグメントの総世帯数で割って算出。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。