02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

アメリカ人は録画したコマーシャルを思っている以上に見ている?

1分で読む|2010年12月

かつては目新しいものだったデジタル・ビデオ・レコーダーは、今や米国の家庭の38%に普及しており、その人気の高まりは、テレビ業界と広告業界にとって恵みであると同時に課題でもある。 一方では、DVRによってテレビ局は、タイムシフトを使って都合のいいときに好きな番組を見たり、別の方法で番組を見ようとしたり、あるいはまったく見ようとしなかったりする視聴者をつなぎとめることができる。 その一方で、DVRによって、視聴者はコマーシャルを含め、興味のないコンテンツをスキップすることができるようになり、テレビの長年の広告付きビジネスモデルが損なわれる可能性がある。 ニールセン・カンパニーは、DVR利用に関する最新の報告書の中で、以下のような多くの重要な発見を強調している:

  • 視聴者はDVRでCMを見ている。DVR視聴者のうち、18-49歳では、3日後に再生するとCM視聴率が44%上昇する。18-49歳の全視聴者において、DVR再生は3日後にCM視聴率を16%上昇させる。
  • DVRユーザーの38%以上が45歳以上である。
  • DVR再生も含めると、DVR世帯は非DVR世帯よりもゴールデンタイムの番組を多く見ている。
  • 全体として、タイムシフトされたゴールデンタイムの放送番組の49%は録画されたその日に再生され、88%は3日以内に再生される。
  • DVR再生のピークは午後9時と10時。

米国におけるDVR使用に関する報告書全文をダウンロードする。

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける