02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

世界のオンライン消費者とマルチスクリーンメディア:今日と明日

2分で読む|2012年5月

テクノロジーの革新、多数のコネクテッドデバイス、メディア配信環境の進化により、自宅、職場、外出先など、さまざまなスクリーンでメディアを消費する方法がこれまで以上に増えている。

ニールセンは、この細分化されたメディア環境に世界中の消費者がどのように対応しているかを理解するため、世界中のオンライン消費者を対象に、マルチスクリーンメディアの利用状況、デバイスの所有と購入意向、インターネットへのアクセスポイント、将来におけるモバイルテクノロジーの役割について調査した。

ニールセンが世界56カ国の28,000人以上のインターネット回答者を対象に実施した「マルチスクリーンメディアの利用に関するグローバル調査」によると、オンライン消費者の間では、パソコンでビデオコンテンツを視聴することがテレビでビデオコンテンツを視聴することと同じくらい一般的になっており、80%以上の消費者が、自宅でパソコン(84%)またはテレビ(83%)でビデオコンテンツを視聴することを少なくとも月に1回は報告しています。対照的に、2010年には、1ヶ月の間にパソコン(86%)よりもテレビ(90%)でビデオコンテンツを視聴したと回答したオンライン消費者が多かった。

家庭内のテレビとパソコンは依然としてビデオコンテンツを視聴する最も人気のあるデバイスであるが、オンラインとモバイルテクノロジーの利用と成長は持続的な影響を及ぼしている。世界の回答者の4分の3(74%)が、インターネット経由(デバイスを問わず)で動画を視聴していると回答しており、2010年から4ポイント上昇しています。また、世界のオンライン消費者の半数以上(56%)が、少なくとも月に1回、28%が少なくとも1日に1回、携帯電話で動画を視聴していると回答しています。

消費者のインターネットへの高速接続がますます進んでいるため、オンラインビデオの消費は今後も増加し続けるだろう。世界中のオンライン回答者の半数以上(57%)が、高速オンラインアクセスが可能なコンピュータを所有していると回答しており、これは2010年から4ポイント増加し、さらに16%が今後1年以内に購入する予定であると回答しています。

タブレット端末は、スマートフォンよりも普及率が低い新興カテゴリーですが、世界の消費者の関心は高まっています。調査結果によると、現在タブレットを所有しているオンライン回答者は全世界で12%にのぼり、2010年の7%から70%以上も増加しています。

本レポートは、主に2011年8月から9月にかけてニールセンが実施した「グローバル調査」に含まれる一連のメディア利用に関する質問に基づいている。この調査は、アジア太平洋、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、中東、アフリカ、北米の56カ国から、従来からオンライン/インターネットにアクセスしている消費者28,000人以上を対象に行われた。オンライン調査の方法は、非常に大規模でグローバルなリーチを可能にする一方で、総人口ではなく、既存のインターネット・ユーザーの習慣についてのみ視点を提供するという点で限界がある。そのため、コンピュータによるオンライン利用が過大に報告されたり、従来のテレビの利用が過小に報告されたり、モバイルメディアの利用が過小に報告されたりする可能性がある。さらに、回答は、実際の測定データではなく、回答者の信念(ニールセンについて )を示しているに過ぎない。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。