02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

モバイル・ショッパーの旅:ソファから店舗へ(そしてまた戻る)

2分で読む|2013年8月

スマートフォンやタブレットの所有者の増加に伴い、モバイル・ショッピングが増加していることはすでに知られている。タブレットとスマートフォンのモビリティの違いを考慮すると、モバイルショッピングのアクティビティが、使用する場所と同様に、使用するデバイスに依存することが多いのは驚くにはあたらない。

ニールセンによると、米国のモバイルショッパーは家庭内で最も頻繁にデバイスを使用しており、スマートフォンのショッパーの3分の2以上、タブレットのショッパーの5人に4人が、テレビを見ながらショッピングをしている。モバイル機器での買い物中、タブレット所有者はスマートフォン購入者(24%)よりも商品リサーチに積極的で(59%)、現物商品を購入する可能性が高い(38%)。

スマートフォンの買い物客は家の外でも活動的だが、レビューを読んだり、ソーシャルメディアを使って購入した商品にコメントをつけるなど、特定のモバイルショッピングを自宅で行う傾向が強い。スマートフォンやタブレットはモバイルを前提に作られているにもかかわらず、モバイル・ショッパーの中には、ショッピング中にソファから離れない人もいる。タブレット・ショッパーの95%、スマートフォン・ショッパーの72%は、自分のデバイスで買い物をするが、全体的にはタブレット・ユーザーの方が買い物をする傾向が高い。

小売店舗で買い物をするモバイル・ショッパーにとって、スマートフォンは常に持ち歩くものであり、ほとんどの人にとって店舗内で使用するデバイスである。スマートフォンで買い物をする人の70%は、店舗に向かう途中、店舗検索を利用して買い物の計画を立てています。店舗に着くと、37%が携帯電話で買い物をしながら、リストを使って整理整頓をしている。また、スマートフォン(63%)とタブレット(53%)所有者の大多数が、検索やスキャンを利用し、お得な買い物を楽しんでいる。スマートフォン利用者は、モバイルクーポン(34%)や支払い(23%)にデバイスを使用する傾向が高い。

しかし、その体験はレジで終わりではない。モバイルで買い物をした人は、家に帰るとタブレットを手に取り、ウェブ上で買い物体験を追跡したり共有したりする。20%がソーシャルメディアにコメントを書き、16%がタブレットを使って購入した商品のレビューを書いている。タブレットで買い物をする人のうち、17パーセントは、購入した商品の後に、その商品と関連する商品の情報を調べると答えている。また、買い物のために自宅を離れることがない人については、スマートフォン(55%)とタブレット(52%)の買い物客の大半が、オンライン注文の進捗状況を追跡するためにデバイスを使用していると回答している。

モバイルショッパー-6706

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。