02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

TikTok広告のインパクトを定量化する

2分で読む|2022年4月

人気の動画共有プラットフォームTikTokは、ここ数年で爆発的にシーンに浸透した。現在155カ国以上で利用可能なこのプラットフォームは、魅力的なエンターテインメントやインスピレーションを与えるコンテンツで、中東地域で大きな成長を遂げている。

このケーススタディでは、TikTokはニールセンにシンジケート・マーケット・ミックス・モデル(MMM)調査を依頼し、フルファネル・イマーシブ広告ソリューションがCPGカテゴリー全体の売上とROASを促進する上でどのような影響があるかを調査しました。ニールセンのマーケティング・ミックス・モデリング(MMM)ソリューションを使って、TikTokはブランドがROASを最大化する方法について、データに基づいた洞察を明らかにした。以下はTikTokの測定責任者ホルヘ・ルイスのコメントです:

+10%

1種類以上の広告フォーマットによるROASの向上

$1.83

TikTok総合ROAS

1ドル当たりの小売売上高

+16%

インフィード広告の放映週数が多いほどROASが高い

方法論:シンジケートMMMソリューションの手法では、サードパーティサプライヤーを通じて入手した「アド・インテル」データを利用し、モデル内で使用する他のパブリッシャーの推定広告費を提供する。アド・インテルは、自社登録、メディア宣言、クローラー技術を通じてデータを取得している。モデルは多変量回帰を活用し、メディアとその他のドライバーを調整し、各ドライバーの変動に基づいて売上がどのように変化するかを定義する。 リフト・ファクター」は、これらの各ドライバーに数学的に割り当てられ(別名、係数または弾力性)、各ドライバーの結果として売上がどれだけ変化するかを定義します。ニールセンは、TikTok広告費のROASと効果を粒度レベルで測定しました。 

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。