02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

2016年第1四半期ローカルウォッチレポート都市におけるテレビとテクノロジーの利用状況

2 分で読めます |2016年4月号

テクノロジーが日を追うごとにビデオ体験を変え続けていることは否定できない。家庭内で使用されるデバイスがますます増え、家庭での視聴習慣は進化・拡大し、これまで以上に多くのメディア・タッチポイントを提供している。現在、米国の家庭の4分の1近くがスマートTVを利用しており、ワシントンD.C.、シアトル、ニューヨークなどの都市部がその先頭を走っている。現在、ネットフリックスはローカルピープルメーター(LPM)TV世帯の45%で見られ、LPM市場のTV世帯の58%がタブレットを所有している。

ニールセンでは、測定基準を進化させ続け、国内と地域の両方での強化に投資してきました。実際、ニールセンは現在、全国70の市場で全電子測定を行っており、中小規模の市場でローカルメディアがどのように消費されているかを、より完全に把握することができる。通常、大都市は新技術をいち早く導入するが、中小都市でも特徴的なメディア習慣が見られる。例えば、ソルトレイクシティ、サンディエゴ、オースティンは、定額制ビデオ・オン・デマンド(SVOD)の普及率が全国平均(50%)よりも高く、ノーフォーク、サンディエゴ、ハートフォードではタブレットの普及率が60%以上であるのに対し、全国平均は58%である。

今日のデジタル・カー・ショッパーとは?

今回のLocal Watch Reportでは、今日のデジタルカー購入者とそのメディア習慣について考察する。全人口の約26%を占める米国の成人6,400万人近くが、次の車をインターネットで検索しています。このような消費者のプロフィール、メディア接触点、態度を理解することは、彼らが購入サイクルに移行する際にトップ・オブ・マインドであり続けるための鍵となります。

当社の分析によると、デジタルカー購入者は、米国の平均的な成人よりも若く、所得が高い傾向があり、一般的に自動車により多くの支出を予定している。また、上位25のLPM市場のうち、ヒューストンとミネアポリスは、こうしたデジタル・ショッパーの普及率が最も高く、新車購入を検討しているオンライン・カーショッパーにとって、スポーツ・ユーティリティ・ビークルが最も望ましいことも判明した。 

類似の洞察を閲覧し続ける