02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

そして勝者は...2018年夏、ラジオリスナーが選んだクラシックヒット

2分で読める|2018年9月

毎年夏、アメリカ人は特定のラジオ・フォーマットを好むが、2018年の夏も例外ではない。今年、クラシック・ヒッツ・フォーマットは、暖かい気候の時期に、年初と比べて視聴者数を最も伸ばした。このフォーマットは、2014年と2015年の両方で、毎年恒例の「夏のフォーマット」レースで優勝するという快挙を成し遂げている。言い換えれば、過去5年間で、クラシック・ヒッツは3度、夏に最大の上昇を見せた。残りの2年間(2016年と2017年)はクラシック・ロックだった。

夏にラジオで聴く音楽の好みは、明らかにクラシック、つまり過去半世紀に書かれたロックやポップスに向かい、それがクラシック・ヒッツとクラシック・ロックのフォーマットの基盤となっている。違いは、クラシック・ロックがロック・ベースの音楽に重点を置いているのに対し、クラシック・ヒッツはポップ・ミュージックを多く取り入れ、1980年代の曲を多く流していることである。ニールセン・ミュージックのBDSradioのエアプレイデータによると、クラシック・ロック局でかかる曲の40%は80年代に作られたもので、さらに40%は70年代の曲である。クラシック・ヒッツ局では、放送曲の52%が80年代の曲で、さらに33%が70年代の曲である。

ニールセンの8月のポータブル・ピープル・メーター(PPM)の結果発表により、1月から5月の傾向と6月から8月の傾向を比較すると、このフォーマットがリスナーを最も押し上げたことから、クラシック・ヒッツを「夏のフォーマット」レースの勝者と呼ぶことができる。以下の表は、総聴衆(リスナー6人以上)のシェアでランク付けされた10大ラジオ・フォーマットの2018年月次動向をまとめたものである。

2018年の夏は、6月、7月、8月のこれらの主要フォーマット間の動きが例年より小さかったことが特徴的であった。クラシック・ヒッツ、クラシック・ロック、アーバン・コンテンポラリーの3つのフォーマットは、この夏、平均25分(AQH)シェアポイントのわずか数十分の一が違いを生んだ。

この最後のチャートは、クラシック・ヒット、クラシック・ロック、アーバン・コンテンポラリー、カントリーという、今年「夏のフォーマット」レースで注目した4つのフォーマットの6歳以上の視聴者シェアの3ヶ月間の推移を追ったものである。クラシック・ヒッツは、6月に5.9%というPPM史上最高のシェアを記録し、好調なスタートを切った。

この記事で使用されているデータは、多文化的な視聴者を含むものである。ヒスパニックの消費者層は、英語とスペイン語を話す代表的な人々で構成されています。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。