02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>オーディエンス

ユニフォームを越えて:今日のベテラン消費者を見る

2分で読む|2018年11月

現在、米国には2000万人弱の退役軍人がいる。この数は、今後20年間でわずかニールセンについて 1300万人まで減少すると予想されている。しかし、全体的な人口が減少する一方で、多文化および女性退役軍人の割合は増加傾向にあり、より広範な米国の人口動態の傾向を反映して、米国がこれまでに経験したことのないほど多様な退役軍人のコミュニティが形成されている。

注目すべきは、ベテラン世帯の構成が、彼らが何を買うかに多大な影響を及ぼしていることである。例えば、退役軍人の世帯はビタミン剤を購入する傾向が74%高く、その大部分は高齢世帯(55歳以上)と子供のいない世帯が牽引している。一方、退役軍人の世帯では、事務用品や学用品を購入する傾向が57%高く、これは6歳未満の子供がいる世帯と、既婚で子供のいない世帯が牽引している。退役軍人のコミュニティ内の違いを理解することは、この貴重な消費者グループのニーズを満たす製品を設計することを望む企業にとって不可欠である。

米国の退役軍人がコンテンツを消費する方法も変化している。退役軍人はテレビや新聞のような伝統的なメディアやエンターテインメントを好む傾向があるが、情報通で活動的、市民的な消費者にリーチしようとするブランドや広告主は、メディアプランを設計する際、新興のデジタルプラットフォームを見落としてはならない。結局のところ、退役軍人の5分の1は、ソーシャルネットワーキングサイトに1日1時間から2時間費やすと答えている。

類似の洞察を閲覧し続ける