02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

コネクテッドTV体験:リビングルームを変える

2分で読む|2018年6月

どのようにビデオを視聴していますか?多くのチャンネルで、様々なソースからビデオを視聴している可能性が高い。過去5年間のメディア状況の進化のおかげで、消費者の選択肢はかつてないほど増えた。今日、私たちはモバイル、ゲーム、その他のプラットフォームでビデオを視聴しており、そのすべてがリビングルームでの視聴体験を向上させている。多くのコネクテッドTVの選択肢があるため、アメリカ人は1ヶ月に80億時間もこれらのデバイスを使用している。伝統的なリニアTVが依然として視聴者の視聴時間の大半を占めている一方で、オーバー・ザ・トップ(OTT)環境では大きな変革の真っ只中にある。

実際、今日、アメリカ人の3分の2は、少なくとも1台の接続デバイスを所有している。つまり、2億2,400万人が、好きなシットコムのライブ・エピソードを見たり、OTTアプリで番組のシーズン全体を見たりと、自分の都合に合わせてメディアや広告を消費できるのだ。しかし、OTTが非常に大きな自由を提供しているにもかかわらず、テレビ接続デバイスの利用の63%近くはリビングルームで行われている。その結果、リビングルームでの視聴は、よりパーソナライズされた選択主導の体験となり、広告主が消費者とつながる新たな機会の扉を開いた。

コネクテッドTVユーザーは、Roku、Amazon Fire、AppleTVのようなデバイスで月に42時間を費やすだろう。OTT消費が主流になるにつれ、デジタル・ファーストのテレビ・メディア企業は、コネクテッドTVの新サービスや消費者向けストリーミング・サービスに投資するようになっている。

では、誰がコネクテッドTV経由でOTTビデオを視聴しているのだろうか?当社の調査によると、これらの視聴者は平均して若く、34歳以下の人々がこれらのデバイスで最も多くの時間を視聴している。また、ストリーミングデバイスを持つ家庭は、年収10万ドル以上の高所得者である可能性が30%高い。これらの特徴により、コネクテッドTVの視聴者は、キャンペーンを成功させ、強力なブランド・コネクションを育成するために、視聴者とその行動を明確に把握したいと考える広告主にとって注目の的となっている。

方法論

この記事における洞察は、以下の情報源から得たものである:

  • ニールセン・ナショナルパネル(設置台数およびユニバースに占める割合に基づく):インターネット対応のスマートテレビ、ゲーム機、インターネット接続デバイスを含む。
  • ニールセンNPower、2018年1月15日のユニバース推定に基づく人数(単位:百万人

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。