02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

あなたはこれを聞くことができない:音声はテレビキャンペーンをさらに加速させる

2分で読む|2018年7月

今日の消費者にリーチするには、一つの媒体だけで十分だとは誰も考えていない。そして、業界がデジタルとモバイルの価値と貢献について議論するのと同じくらい、多くの広告主は、この断片化された市場において、従来のプラットフォームを再評価するために、かつてのプレイブックを参考にしている。

ニールセン・オーディオの事業開発担当SVPであるリッチ・タンケル氏は、今年のコンシューマー360のイベントで、チャンネルとデバイスの普及が、米国の消費者がオーディオにより多くの時間を費やすきっかけとなり、実質的にオーディオの人気を高めていることを明らかにした。

アメリカ人が音楽に費やす時間はわずか2年で37%増加

オーディオは多種多様なコンテンツで構成されているが、音楽はオーディオの礎であり、衛星ラジオからデジタルラジオ、音楽ストリーミングサービス、従来のAM/FMまで、あらゆるものが消費者に受け入れられているため、大きな成長を遂げている。特に、アメリカ人が音楽に費やす時間は、わずか2年間で37%も伸びている。

一部の大手FMCG広告主がラジオへの投資を増やしているのは、こうしたエンゲージメントのためだ。音声広告をテレビスポットと組み合わせることで、テレビだけではリーチできない人々にリーチできることがわかったのだ。ニールセンCMOレポート2018に詳述されているように、テレビやラジオといったリーチの高いメディアは、ブランド認知キャンペーンの目的にうまく合致する。

キャンペーンでテレビ広告が大量に予定されていても、国民の一部はそれを目にすることはない。そこでオーディオの出番だ。ニールセンのデータによると、ラジオの利用率は午前6時から午後4時の間にテレビの利用率を上回り、テレビの視聴は午後5時から午前12時の間にピークを迎えます。したがって、ラジオとテレビを合わせると、キャンペーンがより多くの視聴者に届く可能性が高くなります。

さらに、ラジオはテレビ広告の記憶力を高めることができる。最近の研究で、ニールセンは、ラジオCMを聞いた人は、テレビで広告を見ただけの人よりも、対応するテレビ広告の認知度が35%高いことを発見した。

リッチがコンシューマー360で発表した情報に加え、USAA/ホームデポ/ロード&テイラーの元CMO、ロジャー・アダムス氏、キュムラス/ウエストウッド・ワンのチーフ・インサイト・オフィサー、ピエール・ブーバード氏、アイハート・メディアのナショナル・リサーチ担当SVP、デビッド・シフマン氏によるパネルディスカッションも行われた。

以下のビデオはそのハイライトだ。

 

類似の洞察を閲覧し続ける