本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>FMCG & リテール

データベース今日のオムニチャネルショッパーのための革新的な技術

2分で読めるシリーズ|2019年6月

EPISODE 26

 

食料品や美容・パーソナルケア用品などの消費者向けパッケージ商品(CPG)のデジタル購入は、これまで衣料品や電子機器などの商品に比べて遅れていました。実際、オンライン売上はCPGの総売上のわずか5%を占めるにすぎません。しかし、トレンドは変化しており、今日の買い物客は、日常生活に必要な製品やサービスを購入するために、ますますオンラインを利用するようになっています。そして、CPG製品のデジタル売上は、前年比30%の割合で成長しています。

米国では、こうしたデジタルショッピングのトレンドをリードしている消費者グループのひとつが、アジア系アメリカ人です。アジア系アメリカ人の約47%は35歳以下であり、デジタル・ネイティブと言えます。そのため、デジタル機器を所有する割合が全人口より高くなっています。実際、97%がスマートフォンを所有しており、これは全人口より6%高い割合となっています。

当然ながら、彼らはこれらのデバイスをオンラインショッピングに利用しています。87%が過去12ヶ月間にオンラインで買い物をしたことがあり、これは一般の人々より22%多いことになります。

CPGメーカーや小売業者にとって、デジタル化が進む小売業界の中で、消費者のニーズを満たす新製品をいかに革新するか、また、消費者が何を求めているか、どのように消費者とオンラインでつながるかを理解することは、非常に重要なことです。  

1つ目は、ニールセンBASESのグローバル・コマーシャル・リーダー、ジェニー・フレイザー氏との対談で、ニールセンについて オムニチャネルに焦点を当てた消費者の購買までの道筋におけるイノベーションの役割について。2つ目は、ニールセンの戦略的コミュニティ・アライアンス担当副社長のマリコ・カーペンターとの対話で、ニールセンについて 、アジア系アメリカ人の消費者が消費者の旅においてデジタルに大きく傾斜し、他の消費者セグメント全体のシフトを促進することに貢献していることについて述べています。

ニールセン・カタリナ・ソリューションズのクライアント・オペレーション・マネージャーで、ニールセンのアジア系アメリカ人社員リソースグループAALの北東地域共同リーダーであるMy Leに、このエピソードの紹介を手伝ってもらいました。

他のエピソードをお探しですか?iTunesGoogle PlayStitcherでデータベースを購読し、メガホンページで過去のエピソードに追いつくことができます。

類似のインサイトを閲覧し続ける