02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>FMCG & 小売

データベース今日のオムニチャネル・ショッパーのためのイノベーション

2分で読む|2019年6月

エピソード 26

食料品や美容・パーソナルケア用品などの消費財(CPG)のデジタル購入は、歴史的に衣料品や電化製品などの商品に遅れをとってきました。実際、現在、オンライン販売はCPGの総売上高のわずか5%に過ぎません。しかし、トレンドは変化しており、今日の買い物客は、日常生活に必要な製品やサービスを購入するためにますますオンラインに向かうようになっています。また、CPG製品のデジタル売上は前年比30%の割合で増加しています。

米国では、デジタルショッピングのトレンドをリードしている消費者グループの1つが アジア系アメリカ人です。アジア系アメリカ人の約47%は35歳未満であり、デジタルネイティブとなっています。その結果、このグループは全人口よりもデジタルデバイスを所有する可能性が高くなります。実際、97%がスマートフォンを所有しており、全人口よりも6%高い確率でスマートフォンを所有しています。

当然のことながら、彼らはこれらのデバイスを使用してオンラインで買い物をしています。87%が過去12か月間にオンラインで購入しており、これは一般の人々よりも22%高い確率であることを意味します。

消費財メーカーや小売業者にとって、デジタル化が進む小売業界において、消費者のニーズを満たす新製品を革新する方法や、消費者が何を求めているのか、オンラインで消費者とつながる方法を理解することは非常に重要です。  

このエピソードは、 購入までの道のりを2部構成で紹介する第2部で、2つのセグメントで構成されています。 ニールセンについて オムニチャネルに焦点を当てた、消費者の購入までの道のりに沿ったイノベーションの役割。2つ目は、ニールセンの戦略的コミュニティアライアンス担当バイスプレジデントであるマリコ・カーペンター氏との対談です。 ニールセンについて アジア系アメリカ人の消費者が、消費者ジャーニーにおいてデジタルに大きく傾倒し、他の消費者セグメント間のシフトを促進するのにどのように役立っているか。

このエピソードの紹介に協力してくださった、Nielsen Catalina Solutionsのクライアント・オペレーション・マネージャーであり、ニールセンのアジア系アメリカ人従業員リソースグループであるAALの北東地域共同リーダーであるMy Le氏に感謝します。

もっとエピソードをお探しですか?iTunesGoogle PlayStitcherでThe Databaseを購読し、Megaphoneページで過去のエピソードをチェックしましょう。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。