本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

広告主プレイブック

1分で読めるシリーズ|2021年10月

2022年に向けた戦略・戦術プランニング

2021年の終わりを迎えるにあたり、広告主が対処すべき破壊的要因は、パンデミックの波及効果だけではありません。チャネルの断片化、プライバシー、広告の回避、社会的責任などは、マーケティング戦略からチャネル選択、メッセージのトーンに至るまで、すべてに影響を与える追加的な考慮事項です。

メディア環境や消費者嗜好の変化は、ブランドにとって様々な課題をもたらしますが、その多くは、ブランドが業界を問わず乗り越えなければならない普遍的なハードルに関係しています。その中でも、広告主は5つの重要な問題に直面しています。

  • 広告の回避
  • ターゲティングの変化
  • ブランドオーナーシップを消費者と共有する
  • 成長と予算
  • 測定

それらを評価し克服するために、ブランドはメディアの状況を全体的に理解し、消費者行動を包括的に把握する必要があります。これらの情報を基盤として、ブランドは既存および将来の課題を克服する広告戦略を策定し、効率的、効果的、かつデータ主導のビジネス成長を実現することができます。