本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ポッドキャスティングの現状

1分で読めるシリーズ|2022年5月

広告主様向けインサイト

パンデミックによって何百万人もの人々が屋内からスクリーンの前へと追いやられたとき、ポッドキャストで面白いことが起こりました。

このようにエンゲージメントが高まったことは、いくつかの点で注目に値します。

  • オーディオは車内でのメディアと考える人が多い中、家庭でのポッドキャスト視聴も増えています。
  • メディアの選択がこれまで以上に横行しています。
  • 広告主は、他の広告媒体よりも高いブランド想起を実現する媒体を通じて、より多くの人々にリーチする機会を得ることができます。

現在、多くの消費者がパンデミック前の行動をすべてではないにせよ、一部再開しているため、ポッドキャスト広告は、認知度を高めてアッパーファネルエンゲージメントを促進したいブランドにとって、明るい選択肢となっています。実際、Nielsenの継続的な消費者心理調査によると、ポッドキャストのリスナーは、実店舗での食料品の買い物、実店舗での食料品以外の買い物、レストランでの外食など、流行前の行動の一部を再開する傾向が一般集団より高いことが2022年3月に判明しました。

ポッドキャスト広告がブランド認知で14ポイント、情報収集で7ポイントも上昇させるという事実と、このポジティブな感情を組み合わせると、ブランドはますます主流になりつつあるメディアよりも活用することができます。

備考