02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

ストリーミングは、テレビの総視聴率が落ち込んだにもかかわらず、4月に再び新たな高みに登ります

3分で読む|2022年5月

視聴者は、総テレビ時間の30%以上をストリーミングに費やしています。HBO Maxが1%を獲得

4月は、視聴者がテレビ視聴時間の30%以上をオーバーザトップの動画コンテンツの視聴に費やしたため、ストリーミングにとってさらに新たなマイルストーンとなりました。ストリーミングがテレビの総利用率の30%を上回ったのは今回が初めてです。シェアの増加は、春の初めに季節的に利用されたことを反映したテレビ視聴総数が2.1%減少したにもかかわらず、3月とほぼ同じストリーミング量に支えられています。

私たちが追跡してきたように、 ストリーミング業界の成長 は、それぞれが独自のコンテンツ提供の名簿を持つ一連の新規参入者を歓迎しています。この成長は、「その他のストリーミング」カテゴリーのエンゲージメントの高まりに反映されており、ニールセンが 2021年5月のテレビ視聴データでThe Gaugeをデビューさせて以来、2倍以上のシェアポイントを獲得しています。そして4月には、HBO Maxのシェアは、下のグラフのスタンドアロン表現のしきい値である1%に増加しました。 

ストリーミングの視聴量は前月比で横ばいでしたが、放送局とケーブルの両方で視聴率がそれぞれ3%と2.5%減少しました。放送視聴は、ドラマ視聴が14.7%減少し、スポーツ視聴が38.2%減少したことを反映しています。ケーブルテレビ視聴の減少は、ニュース視聴が16.9%減少したことを反映していますが、NCAAバスケットボールの決勝戦とNBAの視聴に後押しされたスポーツの17%の増加によってある程度バランスが取れています。

以下、方法論の詳細へ。

ニールセンの製品戦略担当SVPであるブライアン・フーラーが、The Gaugeを支える視聴の変化の舞台裏を紹介するビデオをご覧ください。

 

メソドロジーとよくある質問

本ゲージは、放送、ストリーミング、ケーブル、その他のソースを含む主要なテレビ配信プラットフォームにおいて、消費者がどのようにコンテンツにアクセスしているかを月次でマクロ分析したものである。また、主要な個別ストリーミング配信事業者の内訳も掲載している。チャート自体は、各ストリーミング配信事業者のカテゴリー別シェアとテレビ利用全体のシェアを示している。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • ストリームングコンテンツ視聴率:但し、日本では未提供

    ストリーミング視聴者の視聴習慣を明らかにすることで、動画コンテンツのリーチをより包括的に把握することができます。

  • Nielsen ONE

    Nielsen ONEの単一メディア横断カレンシーにより、リニアテレビおよびデジタルビデオプラットフォームのメディアをシームレスに売買できます。

  • 全米TV測定

    視聴者がいつ、どこで、誰と、どのくらいの頻度で視聴しているかを把握し、広告やコンテンツに役立てる。