02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>TV & ストリーミング

コネクティビティが、アメリカ人のテレビとの関わり方を変えている

4分で読む|2023年3月

ストリーミング業界がこれほど盛り上がっていると、視聴者が現在テレビと関わる方法の根底にあるものを見失いがちになる。実際、COVID-19の流行が始まった2020年半ばに、視聴者が新たなコンテンツの選択肢に飛び込み、退屈しないようにしたデジタル接続の普及がなければ、ニールセンについて ストリーミングがこれほど盛り上がることはなかっただろう。

今日、ストリーミングがテレビの主要な選択肢となっているのは、視聴者がテレビ接続機器を通じて、あるいはブロードバンド・インターネット接続を通じてテレビ番組を受信する家庭に住んでいるため、オンラインでアクセスできるコンテンツの豊富さに引き寄せられ続けているためである。2022年12月現在、視聴者はストリーミング・プラットフォームを通じて821,000以上の異なるタイトル1にアクセスすることができる。このように豊富なストリーミングコンテンツは視聴者にとって魅力的であり、視聴者は積極的にテクノロジーを活用してアクセスしている。

2023年1月15日現在、米国世帯の84.9%は少なくとも1台のテレビ接続機器を持っている。2022年第3四半期には、米国のテレビ世帯の33%がブロードバンドインターネット接続(BBOホーム)のみでテレビコンテンツにアクセスしていた。2023年1月15日現在、この割合は35.5%に増加している。

重要なのは、選択肢の多さが総消費量の増加を促していないことだ。COVID-19が牽引したテレビ利用の急増に比べれば、日常的なテレビ利用は軌道から戻って久しく、パンデミック前とほぼ横ばいである。しかし、コネクティビティの高まりを考えると、アメリカ人は1日のテレビ視聴時間のうち、インターネットに接続してアクセスするコンテンツに費やす時間が大幅に増えている。

伝統的な番組は依然としてメディアの定番だが、視聴者は自分のスケジュールに合わせてより多くの番組を見るようになっている

インターネット接続が普及したとはいえ、視聴者は従来のリニア番組を捨てたわけではなく、放送やケーブルに費やす時間はストリーミングに費やす時間を依然として上回っている。しかし、視聴者がどのようにコンテンツにアクセスしているかを見ると、オンデマンドのライフスタイルが、従来の番組との関わり方にも影響を及ぼしていることがわかる。言い方を変えれば、視聴者は従来のコンテンツを放送後に視聴する量を増やしている(一般にタイムシフト視聴と呼ばれる)。 

例えば、米国の4大英語ネットワーク2は9月、ゴールデンタイムの新ドラマを7本放送した。これらの番組は、ライブ視聴と当日視聴で合計2,550万人の視聴者を集めた。放送翌週の視聴者数は4,000万人弱に達した。総合編成でも同様の傾向が見られる。2022年第3四半期には、18歳以上の視聴者のタイムシフト視聴は、従来のテレビの視聴に費やされた1週間の時間の17%を占めた。2021年の開始時点では、この割合は13.6%であった。

興味深いことに、この傾向は黒人視聴者の間で顕著であり、彼らは他のグループよりも生放送とタイムシフト視聴に費やす時間がかなり長い。ヒスパニック系とアジア系アメリカ人では、タイムシフト視聴の傾向は前年比横ばいだが、タイムシフトコンテンツの視聴時間は一般人口を大きく下回っている。また、テレビ利用全体から見ると、アジア系アメリカ人の利用時間は、他のグループや一般人口よりもかなり少ない。

もうひとつの重要な成長傾向は、従来のケーブルや衛星放送でテレビ番組を視聴している世帯に関するものである。このような「ケーブルプラス」世帯では、放送番組とケーブル番組が支配的であるにもかかわらず、非伝統的なコンテンツが着実にメディアに加わっている。 

2022年第3四半期の時点で、これらの家庭の視聴者は、テレビ接続機器経由でアクセスしたコンテンツに毎日1時間10分弱を費やしており、2019年第3四半期のわずか40分から増加している。これらの世帯は最も一般的なテレビ世帯でもあり、米国のテレビ世帯の51.5%を占める3。

視聴者を惹きつける新しいコンテンツ・オプションやチャンネルは、今後も出現し続けるだろう。そして、最近の傾向から、適切なコンテンツがあれば、確実に視聴者を惹きつけることが分かっている。そして、視聴者はますますデジタル・チャンネルに引き寄せられるが、今日のメディア・ディートが、伝統的なものと新興のものを跨いでいることは明らかであり、個々のチャンネルやコンテンツ・プロバイダーが視聴者に魅力的な選択肢を提供する限り、そうあり続けるだろう。

備考

  1. Gracenote グローバル・ビデオ・データ
  2. ABC、CBS、NBC、FOX
  3. 2022年第3四半期の時点で、OHHは15.3%、BBOは33.2%であった。

類似の洞察を閲覧し続ける