本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>TV & ストリーミング

12月のテレビ利用率は上昇、ビデオゲームが大幅増を牽引

5分で読む|2024年1月

大晦日のテレビ視聴時間は1050億分

12月のテレビ視聴は、11月より1.7%増加し、毎年恒例の1月のピークに達した。その一因は、若年層が冬休み中、教室を離れてビデオゲームの利用を増やしたためである。それはともかく、12月はスーパーボウル・サンデーに次いで1年で2番目に多くの視聴があった日であった:テレビ視聴者は大晦日に1,050億分の番組を視聴した。

4ヶ月連続で増加した放送部門は勢いを失い、利用率は11月から4.3%減少した。成人25-34歳が最も減少し、11月より13%減少した。スポーツは引き続き注目され、NFLの試合が月間放送番組トップ13のうち12を占めた。ABCのニューイヤーズ・ロッキン・イヴは13位だった。スポーツは放送視聴の28.5%を占めたが、スポーツ視聴は前月より3.5%減少した。ニュースジャンルは数少ない増加ジャンルのひとつで、利用率は6%増加し、放送の12%を占めた。

注目のスポーツイベントもあり、ケーブルテレビの視聴は11月より1.3%増加した。実際、フットボールの試合がケーブルテレビ放送のトップ14を占め、2023年12月30日のNFLの試合、オレンジボウル、NFLクリスマスイブの試合、コットンボウルが上位4位を占めた。球技の試合が多かったため、ケーブルスポーツの視聴率は8.4%上昇したが、12月のケーブルのパイで最も大きな割合を占めたのは長編映画ジャンル(21.4%)で、スポーツのシェア(8.1%)のほぼ3倍であった。しかし、テレビ全体の利用状況により、ケーブルテレビのシェアは0.1ポイント低下し、28.2%にとどまった。

Netflixの「Leave The World Behind」は45億分視聴された。同タイトルと、67億分の視聴分を記録し、同月を席巻した「Young Sheldon」を合わせると、Netflixの視聴数は5.8%増加した(「Young Sheldon 」はNetflixとMaxで配信)。全体では、ストリーミングの利用は1.2%増加したが、テレビの総利用が増加したことを考えると、シェアを拡大するには十分ではなかった。注目すべきプラットフォームレベルの変化としては、Tubiの視聴が6.6%増加し、シェアが0.1ポイント上昇したことと、YouTubeの利用が3.4%減少し、シェアが0.4ポイント減少したことが挙げられる。

記録的なフットボール・シーズンにもかかわらず、今年は典型的な秋のTVシーズンではなかった。エコシステム全体における新コンテンツの不足は間もなく解消され、1月中旬には新しい脚本番組の配信が開始される見込みだ。しかし、短縮された放送とケーブルのシーズンでは、秋のスポーツのような知名度とプロモーションはないが、「ヤングシェルドン」と「SUITS/スーツ」の最近のストリーミングの成功は、どの番組の成功もオリジナル放送に限定されないことを強調している。

 

本ゲージは、放送、ストリーミング、ケーブルなど、主要なテレビ配信プラットフォームにおける視聴者の視聴行動を毎月マクロ分析したもの。また、主要な個別ストリーミング配信事業者の内訳も含まれている。チャートそのものは、月次のテレビ総視聴率を、カテゴリー別および個々のストリーミング配信事業者別の視聴シェアに分けたものである。

メソドロジーとよくある質問

The Gaugeはどのように作られるのですか?

The Gaugeのデータは、2つのパネルから別々に加重平均されたものであり、それを組み合わせてグラフを作成している。ニールセンのストリーミングデータは、全米TVパネル内のストリーミングメーター対応TV世帯のサブセットから得たもの。リニアTVソース(放送とケーブル)と総使用量は、ニールセンのTVパネル全体の視聴に基づいている。

すべてのデータは、各視聴ソースに対応する期間ベースのデータです。放送月を表すデータは、報告間隔のLive+7視聴に基づいています(注:Live+7には、テレビのライブ視聴に加えて、リニアコンテンツの7日後までの視聴が含まれます)。

その他」には何が含まれるのか?

ザ・ゲージの「その他」には、放送、ケーブル、ストリーミングのカテゴリーに分類されないすべてのテレビ利用が含まれる。これには主に、その他のチューニング(未測定ソース)、未測定のビデオ・オン・デマンド(VOD)、オーディオストリーミング、ゲーム、その他のデバイス(DVD再生)の利用が含まれる。

2023年5月のインターバルから、ニールセンはストリーミング・コンテンツ視聴率を利用し、同サービスで報告されているプラットフォームが配信するオリジナルコンテンツを特定し、ケーブルのセットトップボックス経由で視聴されたコンテンツを再分類し始めた。この視聴は、ストリーミングとそれを配信したストリーミング・プラットフォームにクレジットされる。また、これまで反映されていたその他のカテゴリーからも削除される。ストリーミング・コンテンツ・レーティングの中でオリジナルと特定されていないコンテンツで、ケーブルセットトップボックスを通じて視聴されたものは、引き続きその他に含まれる。

その他のストリーミング」には何が含まれますか?

その他のストリーミング」として記載されているストリーミングプラットフォームには、個別に区分されていないテレビでの広帯域ビデオストリーミングが含まれる。ライブ放送やケーブル(リニア)番組を配信するために設計されたアプリ(Sling TVやCharter/SpectrumのようなvMVPDまたはMVPDアプリ)は、"その他のストリーミング "から除外される。

リニアストリーミングはどこに貢献するのか?

リニアストリーミング(vMVPD/MVPDアプリへの視聴の集計によって定義される)は、これらのアプリを通じて視聴される放送およびケーブルコンテンツがそれぞれのカテゴリにクレジットされるため、ストリーミングカテゴリから除外される。 この方法論的な変更は、2023年2月のインターバルから実施された。

ニールセンについて HuluやYouTubeでのライブストリーミングは?

vMVPD アプリによるリニアストリーミング(例:Hulu Live、YouTube TV)は、ストリーミングカテゴリーから除外しています。ストリーミングカテゴリ内の「Hulu SVOD」「YouTube Main」は、リニアストリーミングを含まないプラットフォームの利用状況を示しています。

類似のインサイトを閲覧し続ける