本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>TV & ストリーミング

2023年のトップテレビ

4分で読む|2023年12月

ニールセンについて 脚本家のストライキにより、今年の新コンテンツの流れは制限されたものの、リニアチャンネルやストリーミングチャンネルで番組や映画が豊富になったことで、テレビ視聴者は1日の半分の時間(ニールセンについて )をメディアに費やすようになった。

重要なのは、パンデミック(世界的大流行)時に報告された高水準に比べ、テレビの視聴は正常化していることである。ニールセンについて 平均して、一般的な成人は毎日10時間以上をメディアに費やしており、その半分がテレビコンテンツに費やされている。 

視聴者へのアピールという点では、ストリーミングへのシフトが進んでいることに間違いはない。また、ストリーミング・プラットフォームは、広告なしのサブスクリプション、広告付きのサブスクリプション、成長中の無料の広告付きテレビ(FAST)セグメント内の豊富なスケジュール番組など、すべての人に何かを提供するように広がっている。ちなみに、The Gaugeで独自に報告されている3つのFASTサービスは、2023年11月のテレビ利用全体の3.2%を占めている。

オンデマンドで視聴できるストリーミングコンテンツが豊富にあることから、ストリーミングはテレビ利用全体のかなりの部分を占めるようになり、20231年7月には38.7%という高水準を記録した。しかし、伝統的な定時テレビ番組は依然としてメディア・ミックスの支配的な構成要素であり、年間を通じてテレビ利用の50%以上を放送とケーブルテレビが占めている(11月は53.2%)。2023年11月30日までの放送番組とケーブル番組の合計視聴者数は1,851億人(放送は612億人、ケーブルは1,239億人)。

従来型とストリーミングの境界線がますます曖昧になる中、今年最大のストリーミング・ストーリーが、ピーコックとネットフリックスに上陸する前の2011年から2019年にかけてケーブルテレビで放送された番組に関わるものであったことは、あまりにもふさわしいように思える。脚本家のストライキが今年の新コンテンツに影響を与えたとはいえ、SUITS/スーツ」の人気は否定できず、ニールセンのトップ10リストでは、Netflixオリジナルの「Ozark 」(11週)、「You」(8週)、「ストレンジャー・シングス 」(8週)よりも長い12週連続で首位を獲得した。12週間の首位獲得期間中、視聴者はこのリーガル・ドラマを368億分以上視聴した。

ストリーミング・プラットフォームで最も視聴された番組は『SUITS/スーツ』がダントツであったが、週間視聴分数で見ると、『アウター・バンクス』『ザ・ナイト・エージェント』、『ジニー&ジョージア』がオリジナル番組のトップであった。また、年明けの視聴時間が28億分を超えた「Glass Onion:A Knives Out Mystery」が映画ランキングで首位を獲得した。

放送チャンネルでは、メイシーズ・デイの感謝祭パレードが、11月下旬の休日にテレビの周りに集まる多くの視聴者に支えられ、単発のテレビ放送で最も視聴された。また、このパレードは、今年最も視聴された放送シリーズである『NCIS』の平均視聴率の2倍以上を集めた。

ケーブルチャンネルでは、2023年8月23日の共和党討論会を皮切りに、2024年の選挙サイクルのスタートが最大の視聴者を獲得した。これは、2024年の選挙が近づくにつれ、来年もこの傾向が続くことを示唆している。この討論会は、ケビン・コスナー主演の『イエローストーン』のシーズン5初放送をわずかに抑えて首位に立った。ニュース主導の上位ケーブルテレビ番組とは対照的に、ホールマークチャンネルの「When Calls the Heart」は、平均視聴者数170万人強で、今年の人気ケーブルシリーズとなった。

テレビの世界は、CTVの普及やストリーミングへのアクセスが促進される中、ここ数年で大きく進化したが、テレビは依然として視聴者の主役であり、他のどのデバイスよりも多くの時間をメディアに費やしている。どの番組が視聴者にとって魅力的かを知ることは、クリエイターやパブリッシャーにとって依然として基本であり、視聴者のエンゲージメントは、視聴者がテレビを見る時間を過ごす場所で視聴者にリーチしようとする広告主や広告代理店にとって極めて重要である。質の高い視聴者データは、コンテンツがどれほど多様化し拡大しようとも、業界が必要とする重要なインサイト 。

2024 Upfronts/NewFrontsプランニング シーズンにおいて重要な視聴者と番組に関するインサイトについては、当社の完全ガイドをお読みください。

出典

1ニールセンの ザ・ゲージ

類似のインサイトを閲覧し続ける