本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>多様性

ステイシー・デ・アルマスとのオン・ザ・レコード

1分で読めるシリーズ|2019年10月

ラテン系消費者は年間1兆5000億ドルの購買力を持ち、その数と購買力の両方において、米国の総人口を上回るペースで成長しています。米国のヒスパニック系消費者に関する当社の最新レポート「La Oportunidad Latinx:文化的通貨と消費者の旅」では、ラテン系消費者の購買経路において、ブランドが接点を持てるポイントが数多くあることを明らかにしています。しかし、ラテン系消費者がメディアを利用する場所や購入する場所を知るだけでは、ブランドが彼らの支持を得るには十分ではありません。

今回の On the Record では、米国メディアのコミュニケーション・ディレクターであるゴーリキ・デ・ロス・サントス氏と、戦略的イニシアティブおよび消費者エンゲージメント担当副社長のステイシー・デ・アルマス氏が、このレポートについてさらに深く掘り下げ、ヒスパニック関連遺産月間にラテン系消費者に響く製品やメッセージを作るためにブランドが必要とする、文化の IQ をどのようにして身につけるかについての洞察を明らかにしました。Stacie は、ラテン系消費者の購買までの道のりはピンボールマシンに似ていると述べ、それぞれのバンパーが消費者の旅をナビゲートする際に、消費者を後押しする文化的インフルエンサーであることを説明しました。ラテン系消費者に支持されるブランドは、広告、製品、価値観をこれらのインフルエンサー(言語、家族、味覚、その他)に合わせ、本物であると感じられる方法で提供します。