本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>製品情報

パネル+ビッグデータでより良い視聴者測定ができることを理解する

1分で読めるシリーズ|2019年3月
 

スマートフォン、デジタル機器、コネクティビティが現代の日常生活の一部となっている現在、マーケターが消費者行動を把握するために利用するデータには事欠かない(インサイト )。しかし、すべてのデータが 同じように作成されるわけではありません。測定という観点でデータを使用する場合、データはその根源によってのみ有効であることを理解することが重要です。

メディア業界では、デバイスや視聴者の分断化が進んでいるが、誰もが潜在的な顧客である。米国では、18歳以上の成人が 毎日4時間半近くをライブおよびタイムシフトのテレビに費やしています。ネットワーク、ブランド、広告主、代理店、その他の市場参加者が正確で代表的なテレビ視聴者の測定結果を得られるように、私たちは実在の人物で構成されるパネルを使用してテレビ測定を裏付けています。そのため、私たちのデータは、テレビ業界が広告を売買する際に使用する通貨となっています。

テレビ計測において当社のパネルが果たす役割について理解を深めるため、データサイエンス担当副社長のナタリー・コーサーに話を聞きました。インサイト 、パネルの重要性、優れたパネルの特徴、ビッグデータの増加に伴うパネルの将来について説明しています。