02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

ソーシャルメディアと子供のためのポケットガイド

6分で読む|2009年11月
ソーシャル・メディアキッズ2

ピート・ブラックショー(ニールセン・カンパニー、デジタル戦略サービス部門エグゼクティブ・バイスプレジデント

要約:携帯電話はいつから電話でなくなるのか?子供やティーンエイジャーの手にある今日の携帯電話は、主にテキストメッセージングデバイス、カメラ、ゲーム機、ビデオビューアー、MP3プレーヤーとして、またついでにスピーカー機能を使って携帯電話として使われ、友達が通話に参加できるようになっている。親たちはソーシャルメディア現象に敏感になり、子供たちがどのように新しいメディアを使うかを理解し、制限し始めている。 この記事は、先月開催されたChildren's Advertising Review Unit (CARU)の年次会議での基調講演から引用しています。

デジタルメディアは、ブランド、保護者、教育者にとって、オンデマンド、インタラクティブ、センシング、コネクテッドという枠組みを可能にするものだ。そしてソーシャルメディアは、表現と共有の機能を追加する。ウェブ上での情報共有や解説を容易にするために、ウェブやモバイルツールの膨大なメニューが開発されてきた。消費者がブログ、ツイッター、ユーチューブ、フェイスブック、フォーラム、掲示板、オンライン・コミュニティに殺到する中、アプリケーションやアウトレットも歩調を合わせている。

彼らの影響力は即効性があり、バイラル性が高く、本物である...。

マーケティングの世界では、ニールセンについて 消費者生成メディアが話題になっている。企業は、有料のコミュニケーション・キャンペーンでは、消費者が関連性のある実体験をもとに書いたメッセージのような影響力は得られないことを発見した。その影響力は即効性があり、非常にバイラルで信憑性が高く、アーカイブされたものに起因する極めてロングテールである。

声を届ける

人々がオンラインや記録に個人的な意見や情報を発信する動機は何だろうか?それは、自分の意見を聞いてもらいたい、他人とつながりたいという人間らしい欲求である。自分を変えたい、自分の周りの世界に影響を与えたいという欲求である。それは、私たちが愛するものや人々に代わって伝道しようという意欲である。そしてそれは、イメージに支配された世界における信憑性の継続的な探求でもある。

2009年2月末までの1年間で、ソーシャル・メディア・ムーブメントの原動力となったのはモバイル機器であり、視聴者数250%増の一因となった。アクティブなソーシャルネットワーカーの1,230万人のうち、ティーンは19%を占めている。

子供時代のつながり

大人にとって携帯電話は通信機器である。子どもたちにとっては、ライフラインである。平均的な13歳から17歳の子どもたちは、月に2,000通以上のテキストメッセージを送っている。モバイル・インターネット人口全体と比較すると、10代の若者は、ソーシャルメディア、音楽、ゲーム、ビデオ/映画、テクノロジー/科学の消費量がはるかに多い。

ソーシャル・チャート4

親の高度なデータ通信サービスの利用は、ティーンエイジャーの子供の利用を反映している。子供がメールをすれば、80%の親も同様にメールをする。デバイスやメディアに関しては、子供のリードに従うが、それでも親は制限を設ける。10人に6人は、経済的な理由とセキュリティ上の理由から、子供の携帯電話へのダウンロードを禁じている。

テレビ放映時間

ソーシャルメディアが報道を席巻するなかでも、子供や10代の若者のテレビ視聴は増加傾向にある。2008年5月から2009年第2四半期にかけて、2歳から11歳の年少の子どもたちが家庭で従来のテレビを見る時間は月102時間近くに達し、前年同期比で17%増加した。人気が高まっているタイムシフトテレビは、この期間に平均5:26時間視聴しており、前年同期比で26%増加している。

ソーシャル・チャート3

ティーンエイジャーの従来型テレビ視聴は、若年層よりも遅い割合(13.5%)で拡大し、101時間以上となり、ティーンエイジャーのタイムシフト視聴は35%増の4:54時間となった。興味深いことに、インターネットの利用は減少(-15%)し、月間10:22時間となった。最も増加したメディアはインターネットでのビデオ視聴で、HuluとYouTubeの視聴時間は66%増加し、合計2:41時間となった。ティーンエイジャーは携帯電話で動画を視聴し、モバイル動画ストリーミングに6:30時間費やした。

十分に若い

子供に自分の携帯電話を持たせるのは何歳までが適切なのだろうか?その答えは年々低年齢化しているようで、携帯電話を与えなければ、ただ借りてくるだけだ。2008年、子供が携帯電話を借り始めた平均年齢は8.6歳だったが、2009年にはわずか8歳まで下がっている。携帯電話の所有については、2008年、子どもは通常10.1歳で携帯電話を与えられたが、2009年には9.7歳まで下がっている。

ソーシャル・チャート2

今度「みんな持っている」と聞いたら、実はその古典的な策略は本当かもしれない。10歳までに約半数の子どもが携帯電話を持っている。11歳になると、10人に6人が携帯電話を持っている。12歳になると、全児童の4分の3が自分の携帯電話を持っている。

試合開始

携帯電話の使い方ティーンエイジャーの携帯電話所有者の3分の2が、過去1年間にカメラ付き携帯電話で写真を撮った。半数がプリインストールされているゲームで遊んでいる。10人に4人がスピーカーフォン機能を作動させた。28%がビデオクリップを撮影し、24%がMP3機能を聴いている。

最年少(8歳)の携帯電話所有者の半数以上が、過去12ヶ月間に携帯電話でテキストメッセージを送信した。この数字は、12歳の携帯電話ユーザーでは81%に急増した。テキストメッセージの大半は友人や家族宛であった(90%)。その他、テレビ番組の投票(8%)、着メロや音楽の購入(9%)、壁紙やスクリーンセーバーの購入(4%)、ゲームの購入(5%)、広告への反応(5%)、星占いの検索(4%)など、携帯電話の利用はすべて一桁台であった。

半数以上の親がペアレンタル・コントロールを適用していない...

ペアレンタル・コントロール

ニールセンについて サイバーストーカーやサイバーいじめが世間を騒がせていることを考えると、意外なことに、半数以上の親が、サービスプロバイダーが提供するペアレンタル・コントロールを子どもの携帯電話に適用していない。このようなビルトイン・コントロールを利用している人のうち、通話、テキスト、インスタント・メッセージの回数を制限しているのは20%で、ダウンロード制限(17%)、通話時間または音声通話分の割り当て(16%)、モバイル・ウェブサイトへのアクセス制限(15%)、ロケーター・サービスと発着信番号へのアクセス制限(各13%)、時間帯の制限(11%)、許可されていないテキスト、IM、発信者への警告(各6%)と続く。

有料コントロールの使用率は高くないかもしれないが、ニールセンについて 、10人に6人の親がティーンエージャーの携帯電話の使い方を制限している。また、42%と40%の親が、「食卓に携帯電話を持ち込まない」「一定の成績を維持する」というルールを設けている。

ソーシャルチャート1

今後の課題

メディアの観点からは、選択肢は細分化し、最終的には消費者の関心が分断され、単一のメディアに対する重要性が低下する。ソーシャルメディアが一般消費者やマーケティング担当者の間で人気を博しているとしても、有効性のベンチマークや尺度として受け入れられているものはなく、キャンペーンの影響を予測したり予想したりすることは難しい。

ソーシャルメディアをコミュニケーション手段に取り入れたいと考える企業にとって特に難しいのは、多くの投稿が極めて個人的なものであることから、プライベートな情報とパブリックな情報の境界線が曖昧であることだ。広告モデルはまだ流動的で、倫理、センス、透明性の境界線を探っている。

未開発の可能性

ソーシャルメディアは新しい可能性の世界を提示している。より良いネズミ捕りではなく、消費者と対話するための新しいDNAである。それは早期レーダーや警告システムとして機能し、問題点を警告し、新鮮な洞察をもたらすことができる。

親にとって、新しいメディアは依然として古いルールに支配されている。親は子どもの人生に関わり、登録し、関与し続ける必要がある。信用するが、確かめる」というモットーが適用される。広告主にとっても、古いルールがまだ有効である。透明性と信頼性の必要性は、新しいメディアの回路で増幅される。最終的には、すべての関係者が双方向的で継続的な、相互に有益な会話に参加することで、新しいメディアの性質がその価値を証明することになる。ソーシャルメディアは有機的で進化し続け、常に新たな機会と課題を提示している。

キッズスタッフ子供とそのメディア習慣については、来月もご覧ください。2歳から11歳の子どもたちのテレビ、DVD、DVR、ビデオデッキ、オンデマンド、オンラインストリーミング、ゲームの嗜好について探ります。銀幕はマーケティングの金字塔

類似の洞察を閲覧し続ける