本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

ソーシャルメディアはコンテンツ発見の次の大きなゲートウェイになる

3分で読めるシリーズ|2009年10月

ジョン・ギブス メディア分析担当副社長

当初はISPがあり、その後、コンテンツやリンクのアグリゲーターであるポータルが登場し、インターネット・ナビゲーションの主流である「検索」、つまりウェブ上で目的地に到達する方法が台頭してきたのです。しかし、ほとんどの進化がそうであるように、変化は絶えず、過去2年間、検索ナビゲーションはソーシャルメディアに移行しているようです。

ソーシャルメディアは、消費者のウェブ上でのコミュニケーションや情報収集の方法を変えただけでなく、コンテンツの発見やナビゲーションにも大きな影響を及ぼしていることを、私たちは引き続き確認しています。しかし、どのように?ソーシャルメディアは、オンラインナビゲーションのハブとして、ポータルや検索に取って代わるのでしょうか?

この調査では、検索(Searcher)、ポータル(Portalist)、ソーシャルメディア(Socializers)の3つの主要な消費者セグメントについて、コンテンツ発見の主な手段として使用しているかどうかを調査しました。

発見したこと

一言で言えば、ソーシャルメディアをナビゲーションや情報発見の中核ツールとして利用するオンライン人口層が存在し、ユーザーの約18パーセントが新しい情報を見つけるためにソーシャルメディアを中核と見なしているということです。検索エンジンやヤフーやMSNのようなポータルを利用する人に比べればまだ小さな割合ですが、これは重要な数字です。また、ソーシャルメディアの利用が増え続けていることから(8月のTwitter.comへのユニークビジターは前年比959%増)、この数字が伸びることは間違いないでしょう。

コンテンツスタート

ソーシャル・メディアの魅力

コンテンツ発見の性質が変化している根底にあるのは、 ウェブ上で入手可能な膨大な量の情報である。ニールセンについて 市場に投入された最新のスマートフォンについてもっと知りたければ、お気に入りの検索エンジンを使えば、何百、何千もの記事ニールセンについて が得られるに違いない。しかし、利用可能な情報源の数が増えているため、何を信じればいいのか、額面通りに受け取ればいいのかを知ることは難しい。ソーシャライザー(オンライン時間の10%以上をソーシャル・メディアに費やす人)は、この影響を他の人よりも強く感じている。この質問に対して、26%の人が「インターネット上の情報が多すぎる」と感じているのに対し、ポータルを主に利用する人は18%、検索エンジンを主に利用する人はわずか5%にとどまっています。

体内時計

しかし、なぜ情報が多すぎると、ソーシャルメディアをナビゲーションとして使うようになるのでしょうか。答えは簡単です。ソーシャライザーは友人の言葉を信用し、ソーシャルメディアは情報のフィルタリングツールとして機能する。これは、ソーシャライザーが友人や家族と共有されたものに引き寄せられ、それを信じるという点で重要です。もし、あなたの友人がそのコンテンツを作成したり、リンクを張ったりしていれば、それを信じ、好きになる可能性が高くなるのです。そして、この考えはデータにも表れています。

今年初めに行ったグローバル調査 ニールセンについて 広告に対する信頼性)で、オンラインに投稿された意見の力を目の当たりにしましたが、最近の調査結果でもこの点が話題になりました。ソーシャルメディアは、商品リサーチの中核となるチャネルになりつつある。ソーシャライザーの約15%は、オンラインで新しい買い物をするときにブログで見つけた情報を最も信頼し、約20%はメッセージボードで見つけた情報を最も信頼している。

信頼できるソース

では、ソーシャルネットワークはポータルやサーチエンジンに取って代わるものなのでしょうか?そうかもしれません。ともかく、インターネット上の情報量に疎外感を感じている人々や、人間のガイドの必要性を理解し、対処しなければ、そう、あなたのお気に入りのソーシャルネットワーク(またはそれに類するもの)が、次の偉大なコンテンツのゲートウェイになるのです。

詳しくは、10月6日(火)午後2時(米国東部時間)に開催されるウェビナー「The Evolution of Content Discovery」にご参加ください。