02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

マス・アピール:世界の消費者に響く広告の特徴

2分で読む|2013年10月

広告主が今日の細分化されたメディア状況の中で際立つことを目指す中、広告は消費者にリーチするための公式の一部に過ぎない。ニールセンの最新「広告信頼度調査」レポートによると、消費者の共感を得ることで記憶に残るブランド・アイデンティティを作ることも同様に重要であり、あるメッセージは他のメッセージよりもよく響くという。ニールセンの「広告信頼度調査」は、58カ国のインターネット回答者2万9000人以上を対象に、有料、獲得、所有の19種類の広告フォーマットに関する消費者のセンチメントを測定した。

ファイル

世界の回答者の47%が、 ユーモラスな広告が最も反響を呼ぶことに同意した。地域別では、北米、ヨーロッパ、中東、アフリカの調査回答者が、笑いを誘う広告が最も魅力的だと回答した。一方、ラテンアメリカとアジア太平洋地域では、57%の回答者が、現実の状況をフィーチャーした本格的な広告が最も共感を呼ぶと回答した。その他、世界的に反響を呼んだ広告テーマは、家族向けや健康志向のもの(いずれも38%)だった。

「広告主にとって、消費者がメッセージとブランドの両方と記憶に残る有意義なつながりを持つことは極めて重要です。「印刷物、看板、テレビ、オンラインなど、広告の配信形態にかかわらず、消費者に効果的にリーチするには、購入の意思決定をする際に消費者に好意的な影響を与えるメッセージを発信することが前提となります。このような好意的な決定は、マーケティングROIの重要な指標です。最近のニールセンの調査によると、地域によって好みの違いはあるものの、コメディータッチのリリーフ、親しみやすいシチュエーション、家族や健康をテーマにしたものが、世界中の消費者の心をつかむことがわかった。

方法論

ニールセン・グローバル広告信頼度調査は2013年2月18日から3月8日にかけて実施され、アジア太平洋、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、中東、アフリカ、北米の58カ国の29,000人以上の消費者を対象に行われた。サンプルは、各国のインターネット利用者の年齢と性別に基づいた割り当てがあり、インターネット消費者を代表するように重み付けされ、最大誤差は±0.6%です。このニールセンの調査は、オンラインにアクセスできる回答者の行動のみに基づいている。インターネットの普及率は国によって異なる。ニールセンは、インターネット普及率60%またはオンライン人口1,000万人という最低報告基準を調査の対象としている。グローバル消費者信頼感調査を含むニールセングローバルサーベイは2005年に設立された。

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける