本コンテンツへスキップ
インサイト>FMCG & リテール

アフリカでのブランド成功の鍵は、大衆向けではなく消費者向けのマーケティングである理由

1分で読めるシリーズ|2014年12月

アフリカの消費者は、その数と購買力を増しており、世界の他の地域の消費者と同様に、自分たちの特定のニーズを満たす製品への強い要求を持っている。アフリカの家庭は、平均して支出の半分を消費財に充てているため、こうしたニーズは非常に大きい。

アフリカの消費者と市場の多様性は驚異的であり、この複雑な市場を適切に理解し、ナビゲートするマーケターとブランドには、とてつもない機会がもたらされる。では、アフリカの消費者にアプローチする最善の方法は何か、マーケティング担当者はどのようにして共鳴するメッセージや製品を提供できるようにすればよいのだろうか。

広告に関して、ニールセンの新興市場インサイト調査*によると、アフリカの消費者は伝統的なチャンネルである放送(83%)屋外広告(78%)および印刷広告(65%)を最もよく認識していることがわかりました。半数近く(49%)の回答者がモバイル広告を、ニールセンについて 5分の1がオンライン広告を認知しています。

そして、消費者はマーケティング・メッセージに気付いているだけでなく、それを受け入れているのです。半数近く(48%)の消費者は、広告が購買の意思決定に大きな影響を与えると回答している。また、約38%の消費者が、広告宣伝活動によって特定の商品をより多く購入するようになり、さらには他のブランドよりもその商品を優先するようになったと回答しています。

アフリカの多様な消費者を取り込むには、行動、態度、影響力を理解することが不可欠である。例えば、都市部に住むナイジェリアの消費者は、アンゴラの都市部の消費者と共通点があるかもしれないが、同じではないことは確かだ。このため、アフリカの消費者とのつながりを成功させたいブランドオーナーやマーケティング担当者は、画一的なアプローチを避ける必要がある。

この記事は、Sub-Saharan Africaのサイトに掲載された長文の記事の短縮版です。長編はこちらをご覧ください。