本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ケーススタディOver-the-Top Crackle BreakFree広告のベストプラクティス

1分で読めるシリーズ|2016年7月

視聴者がこれまで以上にオーバー・ザ・トップ・ビデオを視聴するようになり、一度に複数のエピソードを視聴することが多くなったことは周知のとおりです。実際、全テレビ世帯の50%が定額制のビデオ・オン・デマンド・サービスを利用しています。しかし、オーバー・ザ・トップのスペースでは広告フォーマットが限られており、クリエイティブも繰り返しになりがちです。

しかし、クリエイティブが適切で、広告が自然に感じられるなら、視聴者は広告を見ることを気にしない、という利点があります。ニールセンの最新のグローバル・ビデオ・オン・デマンド・レポートによると、ビデオ・オン・デマンドを視聴する回答者の10人に7人近くが、ビデオコンテンツが無料であれば広告を気にしないことが分かっています。

そこで、業界リーダーへの質問です。コンテンツがしばしばビンディングされるような、魅力的なオーバー・ザ・トップ広告体験をどのように作ればいいのでしょうか?

インサイト この問題を解決するため、ソニーネットワークのクラックルは、ニールセン・メディアラボに2つの調査を依頼しました。クラックルのオーバー・ザ・トップ・チャンネルがブランドリフトに与える影響を評価し、さらにクラックルのブレイクフリー広告環境における最適な広告頻度を把握し、ビンジビューを促進するためです。