02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>スポーツ&ゲーム

耳に元気を:ホリデー・ミュージック・オン・ザ・エアウェイブは毎年恒例の恒例行事

4分で読む|2016年11月

贈り物の季節が間近に迫り、ショッピング、食事、そしてホリデー・ミュージックがみんなの関心事になっているようだ。飾り付けがされ、家族団らんがプランニング 、ホリデーソングが毎年登場し、誰もがお祭り騒ぎの陽気な気分に包まれる。

ホリデー・ミュージックは、全米のラジオ局で大成功を収めている。ここ数年、ホリデーシーズンに通常のフォーマットを入れ替えるラジオ局の数は増加傾向にあり、早くもハロウィーンに切り替える局もある。ニールセンBDSradioが2015年にモニターした1,942のAM/FMラジオ局のうち、171局が切り替えを行っており、リスナーはホリデー・スピリットに浸るには十分すぎるほどバラエティに富んだラジオ・ダイヤルを楽しむことができる。

では、どの市場やフォーマットが切り替えを行っているのだろうか?この変化はどこにでもあるわけではないが、ホリデー・スイッチを入れている多くの放送局はリスナー増という利益を得ているようだ。  

アダルト・コンテンポラリー=ホリデーシーズンの音楽ハブ

アダルト・コンテンポラリー(AC)局がリードしており、他のどのフォーマットよりも多く切り替えを行っている。ACは全ホリデー音楽オンエアの43%を占め、約2,800タイトルという最大の音楽ライブラリを持つ。クリスチャンACは、ホリデー音楽の22%を占め、432,000回スピンされ、1,763タイトルがある。

クラシック・ヒッツ、カントリー、アダルト・トップ40が上位5位を占め、ホリデー音楽のオンエアは合計で20%を占めた。

ホリデー・ミュージックへの切り替えは功を奏しているようだ。ニールセン・オーディオによると、ホリデー音楽はこのフォーマットのリスニング・シェアを大幅に増加させる。2012年から2015年までの11月とホリデーの調査期間中、AC局の6歳以上のリスナーにおける聴取者シェアは、他の時期に比べて平均72%急増した。また、上位10市場のトップACホリデー・ミュージック・ステーションの合計聴取者数は、2012年の週間リスナー(6歳以上)2700万人から2015年には3000万人へと、11%増加している。これは、3年間で合計300万人のアメリカ人がすべてのホリデー・ミュージック・ステーションにチャンネルを合わせたことに相当する。

各市場で高まるホリデー音楽への欲求

しかし、ニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴの上位3市場が、ホリデー音楽のオンエア回数が最も多い市場のトップ5に入っていないのは意外かもしれない。むしろ、オハイオ州クリーブランドが48,000回でトップであり、クリーブランドの3つの放送局が12,000回以上のホリデー・ミュージックをオンエアしている。オハイオ州コロンバスは47,000回で第2位、ミシガン州デトロイトは46,000回で第3位である。

クラシックはここにとどまる

ホリデーシーズンになると、同じホリデーソングが何度も何度も流れているように感じるかもしれない。ホリデーシーズンに最もオンエアされる曲のトップ10は、全ライブラリーの1%にも満たないが、オンエアの19%を占めている。では、ホリデー音楽チャートのトップは誰なのか?また、セールスとオンデマンド・ストリーミングはどう違うのだろうか?

新しいアーティストたちは、定番のホリデー・チューンを独自に再現しつつ、新しい曲も生み出しているが、チャートの上位を占め続けているように、チャートは定番を好んでいるようだ。

ホリデー・シーズンになると、オール・ホリデーに切り替えた放送局は、新旧が入れ替わる。米国を拠点とするAC局では、通常「Hello」の曲がチャートのトップを占めるアデルだが、2015年のホリデーシーズンには、マライア・キャリーの「All I Want For Christmas Is You」がその座を奪い、ランキングに別れを告げた。もう20年以上前の曲であるマライアの曲は、2015年のホリデー期間中に約4,400万回のオンデマンド・ストリームを記録し、ストリーミング数でも首位を獲得した。

放送で最も人気のあった曲としては、ホセ・フェリシアーノが1970年にリリースした「Feliz Navidad」が31,000回のスピンで昨年トップに立った。この曲はオンラインでも上位にランクされ、およそ1300万回のオンデマンドストリーミングで16位に入った。

セールスを見ると、「Mary, Did You Know」の2つのヴァージョンがセールス1位と3位を占めており、2015年にリリースされたジョーダン・スミスのヴァージョンがおよそ18万8000枚のデジタル・ユニットを売り上げて首位に立っている。

スイッチを入れる機会の創出

ホリデーシーズン前に買い物客にリーチする絶好のチャンスである。オハイオ州の放送局とフォーマットは、この切り替えがいかに強力であるかを示す重要な例である。この変化を後押ししている音楽とアーティストについては、クラシック・ヒットとそのアーティストがこのホリデー・シーズンにカムバックし、通常チャートの上位を占める現在のヒット曲に揺さぶりをかけ、その座を奪っている。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。