02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

テレビは依然としてトップブラスですが、視聴の違いは年齢によって異なります

1分で読む|2016年7月

年齢がすべてです。視聴習慣に関して言えば、視聴者の年齢は、リニアおよびデジタルプラットフォームの使用に大きく関係しています。業界が進化し続ける中、消費者は細分化された視聴環境の中で、無限のメディアの選択肢から選択することができます。

ニールセンの 2016年第1四半期の比較指標レポートによると、テレビは依然として全体的な視聴に好まれており、あらゆる年齢の成人の間で最も多く消費されているプラットフォームとなっています。消費者は歴史の展開を見ながらテレビを見続けるため、テレビは歴史的出来事の生の体験を形成する役割を果たし続けています。実際、ライブ+DVR/タイムシフトテレビ視聴は、18+の成人の平均視聴者総数の47%を占めています。18歳から34歳のミレニアル世代は週に6時間以上テレビ接続デバイスを使用し、18歳から49歳の成人は毎週14時間以上スマートフォンに費やしています。

多様なオーディエンスも使用に一役買っています。ヒスパニック系は最も熱心なラジオリスナーであり、スマートフォンに最も多くの時間を費やし(週に14時間25分)、アジア系アメリカ人はテレビ接続デバイスの使用量が最も多い(週に4時間16分)のです。黒人の視聴者は、他のどのグループよりもテレビを視聴しており、週に50時間54分を費やしています

「18歳から34歳の人は、テレビやラジオと同じくらい多くの時間をPC、モバイルデバイス、テレビ接続機器に費やしています」と、ニールセンのオーディエンスインサイト担当シニアバイスプレジデントであるグレン・イーノックは述べています。「この年齢層は、さまざまなデバイスでさまざまな種類のコンテンツを消費する可能性が最も高いです。」

このダイナミックなメディア視聴の世界では、メディアの動作を同一条件で比較することが不可欠です。消費者がコンテンツにどれだけの頻度で、どのくらいの時間関わっているかを見ることは、コンテンツプロバイダーと広告主にとって、この視聴パラダイムにおける機会と課題を評価するために不可欠です。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。