本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

米国の小売業ではデジタル・タッチポイントが台頭しているが、印刷は(まだ)死んでいない

2分で読めるシリーズ|2017年12月

テクノロジーは、私たちのコミュニケーション、読書、銀行、リスニング、ショッピングの方法を再定義しています。実際、米国の成人は1日に3時間以上、コンピューターやスマートフォンでインターネットやアプリを利用しています。この利用時間は、昨年から2桁の伸びを示しています。

このデジタル革命にもかかわらず、動きの速い消費財(FMCG)小売業者は、印刷された回覧板(地域の店舗の最新製品や特売品を宣伝するチラシ)が、マーケティングに最も遠くまで届くことを長い間見出してきました。2017年のニールセン・ホームスキャンの調査によると、ニールセンについて 米国の世帯の80%が、商品情報のために回覧板やその他の伝統的な印刷物をいまだに使用しています。過去3年間の利用状況を見ると、印刷されたチラシの人気は2014年から3~4ポイント減少し、わずかながら低下しています。

一方、小売企業のデジタルマーケティングのタッチポイント(ウェブサイト、モバイルアプリ、ソーシャルメディア、Eメール、テキストメッセージ、ブログなど)は、その存在感を示し始めています。当然のことながら、店舗のウェブサイトとEメールが最も利用されているデジタルチャネルであり、それぞれ77%と75%の世帯にリーチしています。現在の傾向から、ニールセンは、2019年までに米国のより多くの世帯が、従来のタッチポイントよりもこれらのタッチポイントを利用するようになると予測しています。

しかし、デジタル・エンゲージメントの重要なチャネルは、店舗のウェブサイトとEメールだけではありません。米国の世帯の少なくとも50%が店舗アプリ、ソーシャルメディア、節約アプリを利用しており、これらのタッチポイントは2014年から2017年にかけて2桁の成長を遂げました。ミレニアル世代はすべてのデジタルタッチポイントで最も利用率が高く、ジェネレーションXの世帯は新規導入率が最も高くなっています。

ニールセンについて 米国の80%の家庭が、商品情報の入手に回覧板など従来の印刷物を利用している

消費者が小売業者のマーケティングにデジタルチャネルを受け入れても、従来のタッチポイントはすぐにはなくならないでしょう。2017年のニールセン・ホームスキャンの調査では、米国の世帯の約半数が、ニールセンについて 商品やセール情報を得るために(印刷物とデジタルを合わせて)少なくとも8つの異なる情報源を利用していると回答しています。印刷された回覧板は重要な情報源として健在であり、デジタルマーケティングは顧客エンゲージメントを補完する役割を担っています。

こうした動きを踏まえると、小売企業は、複数のタッチポイントを活用してマーケティングを行うことで、買い物客に最も効果的にアプローチすることができます。当面は、従来の回覧板が買い物客の主な情報源となるため、回覧板への支出を維持・最適化する必要があります。また、消費者がより多くの情報をデジタルで求めるようになったため、小売業者はデジタルマーケティングのタッチポイントを開発・強化することが重要です。世代を超えて、デジタル・プラットフォームを利用するミレニアル世代にアピールするだけでなく、こうしたタッチポイントを素早く採用するジェネレーションXやベビーブーマーへのデジタル浸透を拡大する必要があります。

類似のインサイトを閲覧し続ける