02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

データベース高度な視聴者ベース購買とアドレサブルTVを理解する

2分で読む|2018年6月

第10話

過去50年ほどの間、テレビ広告の購入プロセスはかなり一貫しており、非常に単純である。ほとんどの場合、企業は番組が放送されるかなり前に広告を購入する。多くの場合、アップフロント(ネットワークが新しいラインナップを発表し、広告在庫を販売する時期)に広告を購入する。

広告主は、年齢や性別のような広範な視聴者の特性を使用して、コンテキストベースで彼らの購買決定を下す。この戦略は、広告主が、予定された番組を視聴する一般的な情報(ニールセンについて )を十分に持っており、理想的な顧客が目にする場所に広告を適切に配置できるという前提に基づいている。

しかし最近、よりターゲットを絞った広告購入への関心が高まっている。実際、コネクテッドTVの領域も含め、インターネットが関係している場合、テクノロジー、データ、物理的な配管によって、広告主は同じウェブページを訪れた2人の異なる人々に異なる広告を提供することができる。

では、伝統的なテレビの分野では可能なのだろうか?ある程度は可能だ。とはいえ、従来のテレビの世界では、高度な視聴者ベースの広告購入はあまり普及しておらず、広告の大部分は依然として従来通りの方法で売買されている。

このエピソードでは、リニアTV領域における高度な視聴者ベースのバイイングと、オンライン領域におけるアドレサブルTVの世界を掘り下げる。この2つの用語の違いについて議論し、ニールセンについて 、年齢と性別という基本的なベンチマークについて話し、業界が広告の売買方法についてデジタルへのフォーカスを強めていく際のハードルと機会について触れる。

ゲストはニールセンのプロダクトリーダーシップ担当SVPのジョージ・ツィヴィン氏、ニールセン・カタリナ・ソリューションズ担当SVPのトーマス・イートン氏、ニールセンのクライアント戦略担当SVPのジェームズ・マクナマラ氏、clypdの戦略担当VPのジェイソン・バーク氏です。

類似の洞察を閲覧し続ける