本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

0から200まで:スポーツがブラックアウトする中、バーチャルNASCARがEスポーツを支配する

3分で読めるシリーズ|2020年3月
ここ数週間、新型コロナウイルス(COVID-19)は、あらゆる産業やビジネスに影響を及ぼしています。ライブスポーツの世界では、先週末までは完全に孤立していました。3月22日の日曜日、NASCARは史上初のeNASCAR iRacing Pro Invitationalシリーズレースを開催し、実際のNASCARドライバーをシミュレータに乗せ、バーチャルな競技をFOX Sports 1でライブ放映し、新たな地平を切り開いたのです。ジミー・ジョンソン、デニー・ハムリン、そして引退したばかりのデール・アーンハート・ジュニアなどのドライバーたちが、自宅でくつろぎながら戦いを繰り広げました。

出典Twitter via デニー・ハムリン

COVID-19の感染拡大が懸念される中、スポーツイベントがキャンセルされたことによる空白を埋めるための革新的な方法でした(ニールセンについて )。前例のないスポーツブラックアウトにいち早く取り組んだNASCARは、ストックカーレースファンのスピードニーズを満たす魅力的な新番組を提供するためにギアをシフトしたのである。

その結果、仮想のホームステッド・マイアミ・スピードウェイで100周のレースが行われ、ドライバーもアナウンサーも一流の人材が集まりました。デニー・ハムリンが、最終ラップのフィニッシュライン手前で衝突したデイル・アーンハートJr.を僅差で破り、チェッカーフラッグを受けたのです。

Fox Sports 1の放送における米国内のNielsenの視聴率データによると。

  • 平均63万8000世帯、90万3000人の視聴者(P2+)が視聴し、リニアesports放送史上、最も視聴された放送となりました。
  • 160万人のユニークビューワーP2+が6分以上放送を視聴しました。 
  • この視聴者の平均視聴時間は59.42分であり、112分の放送時間の半分以上を占めた。
  • また、この放送によりNASCARは新たな視聴者に露出し、2020年のNASCARカップシリーズのレースをまだ見ていない25万5千人の視聴者を取り込みました。

テレビでの視聴だけでなく、レース中は社会的にも大きな話題となりました。ニールセンのソーシャルコンテンツ視聴率データによると

  • 3月22日のバーチャルレースは、Twitterでその日最もソーシャルなテレビ番組となり、217,300のインタラクション、912,500のビデオビューを記録しました。
  • NASCARドライバーは、テレビ放送されたレース中に圧倒的な存在感を示し、iRacing Pro Invitational Series放送中のTwitterエンゲージメント(NASCAR、チーム、ドライバー、メディアプロフィール全体)のほぼ半分(49%)を占め、NASCARカップシリーズのライブレース中よりもはるかに大きなシェアを獲得しました。

これは、仮想イベントやesportsがファンの注目を集め、権利者、チーム、スポンサーに新たな機会を提供する可能性を物語っています。NASCARのエコシステム全体にわたる真の協力的な試みは、ブランドや広告主がファンを魅了する新しい方法を切り開くことに成功したのです。

ニールセンスポーツグループ副社長のジェシカ・フォレストは、「Eスポーツやバーチャルスポーツ競技は、従来のスポーツリーグやチームにとって、コアなファンを取り込みながらスポンサーに価値を提供する有望な新しい機会です」と述べています。「伝統的なライブスポーツが停滞している今、NASCAR は、選手が得意とするレースをすることで積極的に競争できる数少ないスポーツの 1 つです。そして、先週末のiRacingの生放送での成功は、スポーツファンが新しく革新的な方法でスポーツを消費する準備ができていることを実証しています。

ホームステッド・マイアミ・スピードウェイのiRacingイベントの成功を受けて、Fox SportsとNASCARは今シーズン、iRacing Pro Invitationalシリーズのレースを追加放送することを決定しました。次回の放送は、3月29日(日)です。ドライバーたちは再びレースシミュレーターを起動し、今度は仮想のテキサス・モーター・スピードウェイに挑みます。Nielsen Sportsは、視聴率とソーシャルコンテンツの数字を注視しています。

ヘッダー写真提供:NASCAR

類似のインサイトを閲覧し続ける