02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>オーディエンス

旧正月を祝う:食事、家族、コンテンツで満腹に

5分で読む|パトリシア・ラトゥランギ(ダイバーシティ&エクイティ&インクルージョン、グローバル・コミュニケーション担当副社長)|2021年2月

旧正月といえば、大家族が集まり、親戚を訪ね、赤いお金を包み、伝統的な料理を食べる。長寿を願う麺類、富を願う餃子(中国の金塊のような形)、繁栄を願う魚、家族の団結を願う甘いおにぎりなどなど。しかし、COVID-19によって、私たちの家族訪問や集まりはすべてストップしてしまった。今、私はホームシックを和らげるためにテレビを見たり、関連するコンテンツを通じて自分の文化とつながったりしている。

アジア系家族の番組をインターネットで検索してみると、選択肢がやや限られていることがわかった。アジア系アメリカ人がアメリカで最も急速に増加している人口であることを考えると、これは驚くべきことだった。GracenoteInclusion Analyticsのデータによると、私のような東アジア人の画面占有率は低く、テレビ番組全体における私たちの知名度はわずかニールセンについて 2%である。さらに詳しく見てみると、Netflix、Amazon Prime、Disney+のような定額制ビデオ・オン・デマンド(SVOD)プラットフォームでは、東アジア人の知名度は少し向上しているが、それでも3%を超えるのがやっとである。

アジア系アメリカ人の82%がストリーミングサービスに加入しており(米国全人口の72%)、インターネット接続機器を通じて代替コンテンツ*(アジア語番組など他のメディア出版社のもの)を視聴する割合が28%高いことも、知名度の高さを考えれば不思議ではない。利用可能な選択肢の中で、SVODプラットフォームはアジア人とアジアの物語を3%と最もよく表現しているが、業界は本物の物語と描写をリビングルームに届けるためにもっとできることがある。

見たいコンテンツを探していたところ、2015年から2020年まで放送された『フレッシュ・オフ・ザ・ボート』がネット検索のトップに浮かんだ。1994年に1シーズンだけ放送されたマーガレット・チョウの『オール・アメリカン・ガール』以来、アジア系アメリカ人の家族が主人公のシットコムがゴールデンタイムに放送されたのは、この作品が初めてだった。フレッシュ・オフ・ザ・ボート』では、エディが母親に「白人のランチが食べたい」と言いながら自分の中華弁当を捨ててしまう場面など、生活に密着した本格的な笑いを誘う場面があった。アーカンソーで農民として新たな生活を築こうとする韓国人家族を描いた2020年の映画『Minari』(ニールセンについて )も検索してみた。例えば、モニカの母親が韓国から到着したとき、チリパウダーや乾燥アンチョビなどの食料をスーツケースいっぱいに持ってきて、娘を泣かせる。母国を訪れた後スーツケースいっぱいの食料を持ち帰り、家族に渡して愛を示す。

シンガポールで育った私は、『クレイジー・リッチ・アジアンズ』が大好きだ。この映画がシンガポールで撮影されたからというだけでなく、ホーカーフードや見慣れたシンガポールの街並みなど、美しい映像のおかげで、故郷が少しだけ身近に感じられるからだ。この映画の人気は、『ブリング・エンパイア』や『ハウス・オブ・ホー』で見られるような、大金持ちのアジア人を描くアジアのリアリティ番組という新しいジャンルにインスピレーションを与えたようだ。ボロ儲け」というテーマは多くの視聴者を惹きつけるが、私たちの多くはこうしたストーリーを現実離れしたものとして見ている。実際、ニールセンについて アジア人が語られるストーリーには、著しいギャップがある。ニールセンのインクルージョン・アナリティクス・レポートは、視聴者のあるアイデンティティ・グループが、自分たちのことをよく表現していると画面に映ったときの番組のテーマを調査した。東アジア人向けの番組で最も多いテーマは、勇気、勇敢さ、挑戦、正義、息子-すべて移民の物語、カンフー映画、家父長制を連想させる-である。これらのテーマは、アジア人のステレオタイプを助長しているようにしか見えない。

とはいえ、家族と食を祝福するアジア映画をいくつか見つけることができた。ほとんどの中国の家庭では、食べ物は愛の言葉だ。だから、料理を作って人に振る舞うことは、私たちが愛と敬意を示す方法なのだ。私は魂の糧となるコンテンツに出くわした。ラーメン・テー』では、両親を亡くした日本人がシンガポールを訪れ、シンガポール人の母親の実家で作られていた豚のあばら肉のスープの秘伝のレシピを学ぶ。ジョイ・ラック・クラブ』は、大好きな料理を囲んで家族と再会できる日が近いという希望を与えてくれた。オーバー・ザ・ムーン』は、中国の2番目に重要な祝日である中秋節を祝うために家族が集まるシーンがあり、最も感動的だった。家族でわいわい言いながら料理を作り、食べる姿や、おじいちゃんに最高のカニを食べさせてあげようとする少女、そしておなじみの縁起の良い食べ物に涙が出た。

ホリデーに故郷のような場所はないが、直接その場所に行けないときは、ニールセンについて 、画面上で私のような食べ物や家族の番組を見ると、そこに連れて行ってくれる。

*その他すべての視聴(AOT):ニールセンが未測定のテレビコンテンツに対する視聴を分類したもの。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。