本コンテンツへスキップ
インサイト>オーディエンス

固定観念を打ち砕く。50歳を過ぎた女性たちが、画面上、職場、家庭で可能なことをどのように再定義しているのか。

1分で読めるシリーズ|2021年3月

50歳以上の女性は、かつてないほど活動的で、野心的で、影響力を持っています。会社を経営し、人権のために行進し、地域社会、家族、そして利益を向上させるために日々働いています。50歳以上の女性は、この時期を新たなゴールデンタイムとして再定義することに成功していますが、スクリーン上の自分探しは、彼女の存在がほとんど知られていないことを裏付けています。

テレビでの表現について、Gracenote Inclusion Analyticsは、女性が米国人口の半分以上を占めているにもかかわらず、男性の方が女性よりも画面に映っている(画面占有率 62% 対 38%)ことを示しています。しかし、人口の20%を占める50歳以上の女性では、スクリーン上の時間のシェアはわずか8%に急落しています。先進的なコンテンツ制作者とブランドは、この状況を変えなければならないことを理解しています。 

50歳以上の女性が自分のアイデンティティ・グループのタレントをスクリーンで見つけた場合、彼女たちの人生経験や願望にマッチした役を演じるコンテンツが成功していることがわかる。テレビ業界は、50歳以上の女性を広告やコンテンツにどのように登場させ、このライフステージにある多くの女性が全盛期と考えるようなさまざまな経験を取り込むかを拡大する貴重な機会を持っています。 このDiverse Intelligenceシリーズのレポートでは、どこに重要な機会があるのか、そして「ある年齢の女性」を見過ごすことが、社会における彼女たちの影響力のみならず、ひいては自社のブランドの可能性をいかに過小評価することになるかを示しています。