本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>マーケティング・パフォーマンス

メディアの選択肢が広がる中、質の高いオーディエンスデータがマーケティング効果を発揮する鍵になる

3分で読める|2023年5月

2025年までに、世界にはニールセンについて 175ゼタバイトのデータが氾濫すると専門家は考えています。平均的なインターネット接続でこれだけのデータをダウンロードするには、18億年かかることになります。マーケターにとって、これだけのデータがあれば、地球上の80億人1のうち、誰がターゲットオーディエンスを最もよく表すデータを生成しているのかを特定することが課題となります。

マーケターが仕事をするためには、デバイスやデジタル信号ではなく、人を代表する情報が必要です。しかし、ニールセンの「2023 Annual Marketing Report」で調査したマーケターのうち、メディア予算を最大限に活用するために必要な質の高いオーディエンスデータを持っていることに強く同意しているのは23%に過ぎません。アジア太平洋地域とヨーロッパ、中東、アフリカでは、21%に低下しています。

オーディエンスがどのようにメディアと関わっているかをよく理解しているマーケターは、デジタルチャネル、特にCTV、ソーシャルメディア、デジタルビデオへの支出を増やし続けています。しかし、質の高いオーディエンスデータがなければ、多くのマーケターは、正しいオーディエンスにリーチできているかどうか、インサイト 、ニールセンの2023 Annual Marketing Reportで調査したマーケターの52%が主要なクロスメディア測定指標を欠いてしまいます。そして、オーディエンスが最も時間を費やしている場所を見ると、デジタルチャンネルに費やす時間は増え続けている。 

例えば、2022年第4四半期、米国の視聴者は1日平均5時間13分2、デジタル機器を使ってメディアにアクセスし3、1日のメディア接触時間の52%以上を占めた。

ストリーミングの驚異的な普及により、クロスメディアのシナリオに新たなデータセットが加わり、一部の企業はスマートテレビからのデータを測定目的に使用しています。このデータの重要性を否定するものではありませんが、このデータだけでは、画面上に何が映っているのかがわかるだけです。誰が画面上のコンテンツに関与しているのかがわからなければ、マーケターは重要な広告費の決定をするための十分な情報を得ることができません。実際、2022年末に実施されたニールセンの調査では、測定ソースとしてのスマートTVデータの欠点が示されています。つまり、スマートTVのデータでは、何人が視聴しているのかを正確に知ることはできないのです。 

代表的な個人レベルの行動を詳細に示す情報と組み合わせることで、スマートTVのデータセットは、視聴者測定の科学に重要なスケールを提供します。重要なことは、世界広告主連盟、全米広告主協会、および他の30カ国以上の同等の組織は、視聴者測定の将来には、質の高いパネルとビッグデータの組み合わせが必要だと考えていることです。

顧客は常にマーケターにとって北極星であり、メディアの選択肢が増えたからといって、それが変わるわけではありません。しかし、デジタル信号と実際の人間との間にギャップがある場合は特に、マーケターが顧客とエンゲージする能力に対するプレッシャーは大きくなります。デバイスとチャネルの断片化が進むにつれ、このギャップを埋めることは非常に重要になります。ビッグデータには人口統計学的な情報がないため、測定ソリューションでは、代表的な人物レベルの行動が重要であることがわかります。結局のところ、視聴者がいなければ、それは単なるデータでしかないのです。

さらなる詳しいインサイトを知るには 、2023 ニールセン アニュアルマーケティングレポートをダウンロードしてください。

備考

  1. 世界人口展望 Reポート
  2. ニールセン全国TVパネル
  3. 接続されたテレビ機器、パソコンでのインターネット、スマートフォンでのアプリ・ウェブ利用、タブレットでのアプリ・ウェブ利用

類似のインサイトを閲覧し続ける