本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

伝統的なメディアではインクルーシブなコンテンツが限られているため、ブランドと障害者はソーシャルメディアで表現を見出している。

4分で読む|2023年7月

2022年に『CODA』がアカデミー賞最優秀作品賞を受賞したとき、多くの障がい者は、それがメディアにおける彼らのストーリーのインクルージョンの拡大につながることを期待した。しかし、認知度と称賛は別として、スクリーンにおける障害者のインクルージョンをさらに進めるための進展はほとんどなかった。 

そして、この傾向は長編映画に限ったことではない。GracenoteのVideo Descriptor Dataは、2019年の365本をピークに、新しい障害者を含むテレビと映画のタイトル数が減少していることを強調している。 

テレビや映画では包括的な選択肢が限られているため、障害者コミュニティがソーシャルメディア・チャンネルで求めているものをより多く見つけていることは驚くべきことではない。障害者クリエイターがソーシャルメディアで成功を収めているとはいえ、これはテレビや映画における表現力の低下を補うものではないことに注意することが重要だ。

実際、伝統的なメディア・チャンネルは、障害者のソーシャルメディア・インフルエンサーと彼らが代表するブランドの成功から学ぶことができる。障がいのあるクリエイターは、積極的に包括性を求める視聴者とつながる本物の方法をブランドに提供している。そして重要なことは、障害のあるインフルエンサーからのブランド投稿は、障害のないインフルエンサーからの投稿を上回ることが多いということだ。

Nielsen InfluenceScopeは、2021年5月から2023年5月までのブランデッドInstagram投稿の最近の分析において、障害のある24人のクリエイターのパフォーマンスを評価し、障害のないクリエイターの投稿と比較した場合の効果とROIを明らかにした。8つの業界において、障がいのあるクリエイターによる278のブランデッド投稿は、合計で474,000ドルのメディア価値を生み出した。各業界の中で、絶対額ではファッション業界の投稿が最も高いメディア価値を生み出したが(全体の40%)、1投稿あたりではエレクトロニクス業界の投稿が最も高い価値を生み出した(1投稿あたり2,400ドルで、平均の1,700ドルを大きく上回った)。

全体として、障がいのあるクリエイターの投稿は、障がいのないクリエイターの投稿よりも平均メディア価値が21.4%高く、インタラクションが20.5%多かった。

業種を問わず、障がいのあるクリエイターのブランド投稿は、障がいのないクリエイターの投稿をメディア価値とエンゲージメントアクションで8回中5回上回った。

ケーススタディトミーヒルフィガーはファッションとビューティーを再構築する

InfluenceScopeの調査でブランドコンテンツの32%を占めたファッション業界では、トミーヒルフィガーのアダプティブ・コレクションの#TommyAdaptiveキャンペーンが、3人の障がい者を含む26人のインフルエンサーの支援を受けている:Jillian Mercado (@jillianmercado)、Tiffany Yu (@imtiffanyyu)、Lauren "Lolo" Spencer (@itslololove)。過去2年間で、このキャンペーンは257,000のインタラクションと106,000ドルのメディア価値を生み出した。

平均して、このキャンペーンは1投稿あたり2.6%のエンゲージメント率を達成し、1投稿あたり平均6,000インタラクション(ファッション業界平均より40%以上高い)を集め、1投稿あたり平均2,500ドル(同じくファッション業界平均より40%以上高い)のメディア価値を生み出した。

すべての人のニーズに応えるデザインに注力するブランドの姿勢とデジタル・キャンペーンの効果により、47のブランド投稿には肯定的なコメントが相次ぎ、38%がブランドの包括性への焦点を強調し、31%が特定のニーズを持つ人々にフィットする服への感謝を表明した。

すべての人のニーズに応えるデザインに注力するブランドの姿勢とデジタル・キャンペーンの効果により、47のブランド投稿には肯定的なコメントが相次ぎ、38%がブランドの包括性への焦点を強調し、31%が特定のニーズを持つ人々にフィットする服への感謝を表明した。

テレビ画面はアメリカ人にとって依然として支配的なメディアの選択肢であり、1日あたり5時間弱を占めている1が、放送、ケーブル、ストリーミング番組全体における障害者の割合は著しく低いままである。 

その結果、ブランドが障害者を含むコンテンツで存在感を示す機会が制限されることになる。実際、ニールセンの最新のAttitudes on Representation調査2によると、回答者の34%が、テレビで自分たちを表現するコンテンツが十分あるとは思わないと答えている。 

デジタル・コネクティビティと新しいメディア・チャネルの利点

それに比べ、アメリカ人は1日平均3時間23分、コンピューター、スマートフォン、タブレットを利用しており3、より多様なメディアにアクセスすることができる。ソーシャルメディアを含む新しいメディアの選択肢は、より包括的であり、従来のメディア・チャネルでは得られなかった包括的なコンテンツに参加することで、ブランドが障害者コミュニティを受け入れ、サポートを示す機会をより多く提供している。

情報源

  1. 2022年第4四半期全国TVパネル。滞在時間には、ライブTV、タイムシフトTV、TV接続機器利用を含む。
  2. ニールセンのテレビにおける表現に関する意識調査、2022年4月
  3. 2022年第4四半期 全国TVパネル

類似のインサイトを閲覧し続ける