02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>TV & ストリーミング

FASTはリニアTVを再びクールなものにした。

5分で読む|2024年4月

この20年足らずの間に、ストリーミング・ビデオはテレビの状況を一変させると同時に、ストリーミングが登場する前のテレビの鏡像のようなものを作り出した。

コンテンツ制作者、メディア企業、機器メーカーが新しい無料広告付きテレビ(FAST)チャンネルを多くのプラットフォームに展開するにつれて、広告がプラットフォームやサービス全体の収益化手段として繁栄し始めただけでなく、予定されたライブ番組が引き続き人気を集めている。

しかし、クリエイターによっては、理想的には戦略的な配信計画をもって、新しいFASTチャンネルを素早く開発し、立ち上げるかもしれないが、チャンネルの長期的な存続は保証されていない。

手始めに、FASTの状況は昨年、信じられないほど混雑している。急速に進化するFASTの状況を考えると、業界規模の推定は様々である。Gracenote Video Dataによると、視聴者が選べるFASTチャンネルは1,900以上あり、米国だけでも1,300以上ある。ちなみに、2023年半ばの米国でのチャンネル数はわずか1,000であった。

これは8ヶ月で30%の成長である。さらに、Pluto TV、アマゾンのFreevee、Tubiなど、個々のFASTプラットフォームは通常、数百のチャンネルを持ち、個々の電子番組ガイドの中で十分な選択肢を提供している。

ニールセンの「ザ・ゲージ」で独自に報告されている3つのFASTサービスは、合計で800以上のライブTVチャンネルを持っている。

業界の混雑はともかく、視聴者のエンゲージメントと広告費は、視聴者がコネクテッドTV(CTV2)を通じてアクセスするオーバー・ザ・トップ1コンテンツにますます集中している。例えば、2023年第3四半期には、視聴者は1日あたり2時間弱をCTVコンテンツに費やしており3、これはテレビ視聴時間(1日あたり4分34秒)の40%以上に相当する。 

FAST番組の視聴時間も伸びている:Pluto TV、Tubi、Roku Channelは、2024年2月のテレビ利用全体の3.7%を占めた4。視聴率の上昇に伴い、広告もそれに追随している。例えば、Digital TV Research Ltd.は、世界のFASTの売上は2023年の80億ドルから2029年には170億ドルに達すると予測している。

すべての人が好況の恩恵を受けるわけではない。チャンネルが増えたからといって視聴率が上がるわけではない。視聴者が分散するだけだ。これはストリーミング業界全体に言えることで、視聴者は圧倒されている。例えば、Motley Foolの1月の調査では、 視聴者の62%がストリーミングの選択肢が多すぎると答えており、39%が前年比で加入しているサービスを減らしていると報告している。

ストリーミング視聴者の70%がFASTのサービスを知っており、過去3ヶ月間にFASTのコンテンツを視聴したことがある。

2023年のデロイトの調査では、 消費者の19%が有料会員からFASTサービスに切り替えたことが判明している。さらに、ニールセンの最新のストリーミング消費者調査によると、回答者の70%がFASTをよく知っており、過去3ヶ月間にFASTのコンテンツを視聴したと答えている。新しいコンテンツへのアクセスが主な促進要因となっており、63%が従来のVODサービスにアクセスできるが、FASTプラットフォームで新しいコンテンツを探すことに興味があると答えている。

しかし、業界はコンテンツの収益化を重視しており、FAST業界に参入するクリエイター、パブリッシャー、放送局は、単に視聴者に番組を提供するだけでは済まない。

オーディエンスを惹きつけ、維持する最善の方法は、彼らが実際に求めているものを提供することだ。しかし、コンテンツは生まれながらにしてオーディエンスに届ける能力を持っているわけではない。そこでメタデータの出番となる。しかし、コンテンツと同様、メタデータも均質ではない。FASTサービスでは特にそうで、個々のチャンネルは様々な配信者から提供されている。

しかし、コンテンツにGracenote IDが含まれていると、視聴者の検索や発見の旅を満たすために重要な、標準化されたエンターテイメント資産の数々と自動的にリンクされます。リンクされる情報は以下の通りです:

  • 説明
  • ジャンル
  • キャスト
  • イメージ
  • プログラムの空き状況

まだ始まったばかりで、FASTエコシステムはメタデータに関してキャッチアップしている。例えば、最近の分析では、Gracenoteに提出されたFAST番組の31%にジャンル情報が含まれていなかった。ブランドやエージェンシーが番組のジャンルを知らずにコンテンツに対して広告を出す可能性は低いため、このこと自体が収益化の機会を制限することになる。

しかし、基本を身につけることは始まりに過ぎません。将来的に成功するためには、イメージと説明文という基本をベースに、コンテンツのより完全な姿を提供するデータエンリッチメント戦略が必要になる。ムード、テーマ、シナリオ、舞台設定などの追加情報は、何か見たいものを探している視聴者の間で番組の魅力を高めることができる情報の新しいレイヤーを提供する。

映画『ブラックパンサー』の強化データ

さらに、充実したメタデータは、次世代のFASTエクスペリエンスが登場したときに、コンテンツが際立つようにするのに役立つ。これには、従来のVOD環境ではテーブルステークスとなっていた推薦エンジンの検索・発見アルゴリズムの強化も含まれる。

ストリーミング・プラットフォーム・ダッシュボード

正規化された包括的なメタデータの重要性は、強調しすぎることはない。HuluのコンテンツをDisney+アプリに取り込むためにディズニーが最近行ったメタデータのオーバーホールは、コンテンツとメタデータに関して個々のアプリとプラットフォームが持つ大きな違いを浮き彫りにしている。

この演習はVODの領域で行われましたが、これはストリーミングの状況全体におけるメタデータへの無数のアプローチと、これが引き起こす関連する配信の課題を物語っています。しかし、適切なメタデータのパートナーを持つことで、コンテンツがどのようなプラットフォームにも迅速に接続され、可能な限り豊かな視聴体験を提供することができます。

インサイト 未来に向けたFASTコンテンツのニーズについては、当社のFASTツールキットをダウンロードしてください。 

情報源

1Over-the-top(OTT)とは、視聴者がインターネット接続を通じてアクセスするストリーミング・ビデオ・コンテンツを指す。
2CTVとは、インターネットに接続されたあらゆるテレビを指す。
3ニールセン全国TVパネル
4ニールセンのThe Gauge、2024年2月。

類似の洞察を閲覧し続ける