ニュースセンター>ソートリーダーシップ

国境を越えてニールセン、リオグランデバレー地域のメキシコ人消費者の経済効果を定量化

2 分で読めます |2016年4月号

国境はその中の消費者の国籍を明確に規定するが、地図上に引かれたこの線は、消費者の習慣、消費、そして人々が国境を越えて移動することを妨げるものではない。

最近ニールセンは、リオ・グランデ・バレーにおける消費者行動とメディア消費に関する国境を越えた調査を発表した。テキサス州のブラウンズビル、ハーリンゲン、マッカレン、メキシコのマタモロス、レイノサなど、米国とメキシコの都市を含む大都市圏の集合体は、活気に満ちた成長中の地域経済を象徴している。

ニールセンのこの初の調査は、リオグランデ・バレーに隣接するメキシコの住民を調査し、そのカスタムデータを米国の既存のシンジケート・サービスと組み合わせたものである。この調査では、地域の強みと独自性を理解するために、ショッピングからメディア消費習慣まで、あらゆる質問を行った(ニールセンについて )。このユニークな調査により、ニールセンは国境を越えた消費者を測定し、ニールセンについて 、人々が何を見、何を聴き、何を購入するかについての洞察を提供している。

毎年350万人の消費者がリオ・グランデ・バレーの国境を越えているため、頻繁に訪れる訪問者を特定し、彼らのショッピングやメディア行動を把握する機会は極めて重要である。調査によると、国境を越える旅行のほぼ4分の3はビジネスではなくレジャー目的であり、米国への訪問者の63%が少なくとも月に1回訪問している。1ヶ月に5回以上訪れたことのあるフリークエント・ビジターは、平均48回国境を越え、他の旅行者より3分の2多く消費している。

//e.infogr.am/js/embed.js?kGQ
ニールセンのクロスボーダー調査は、テレビ、ラジオを含むローカルメディアの既存のビジネスチャンスを浮き彫りにし、リオグランデバレー地域の相互接続性を実証する絶好の機会である。また、地元メディア、広告主、広告代理店、ビジネスリーダー、大学関係者、政府関係者に、この情報を利用して視聴者を獲得し、効果的にリーチする機会を提供する、複数の組織間の協力関係も示している。

私たちは、2016年秋に次回の調査を実施することを楽しみにしている。プランニング 、サンディエゴ/ティフアナ、エル・パソ/シウダー・フアレス、ラレード/ヌエボ・ラレードの各地域で、国境を越えた観客を拡大し、測定する予定である。

詳しくは全レポートをダウンロードのこと。