本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>

デジタル広告費は広告費全体の6%に寄与している

3分で読めるシリーズ|2019年9月号

 

2019年9月18日、ジャカルタ- 過去12ヶ月間(2018年7月〜2019年6月)のテレビ、印刷、ラジオの広告費はRP156 Trillionに達し、2%増と等しくなった。この伸びは、9%であった前年同期のそれを下回っている。成長が鈍化しているにもかかわらず、テレビは依然として83%のシェアを占めています。昨年は13%の伸びでしたが、今年は6%の伸びでした。これらの数字は、Nielsen Indonesiaが本日発表したNielsen Advertising Intelligence (Ad Intel)による。

2018年第3四半期、Nielsenは広告費測定にDigitalを追加し、それ以来、Digital広告費はRp9.3 Trillionに寄与している。したがって、Digitalを含む広告費は合計でRp165 Trillionに達し、Digitalは全体の6%に寄与していることになる。これは、Nielsen Indonesiaが本日発表したNielsen Advertising Intelligence (Ad Intel)の調査結果によるものである。

Nielsen Digital Ad Intelは、ノートパソコン、デスクトップ、モバイルなど様々なタイプのデバイスで、ディスプレイとビデオの両方の広告を監視しています。Nielsen Digital Ad Intelの調査によると、デジタル広告の52%はディスプレイ、残りの48%はビデオの形式で配信されていることが分かっています。

デジタルメディアで広告を出したカテゴリーは、「オンラインサービス」が最も多く、次いで「通信機器・サービス」となっています。3番目に多いカテゴリーは「パーソナルカー」。ヘアケアと液体ミルクがそれぞれ続いている。

ブランド別では、デジタルメディアで広告を出した10ブランドのうち、9ブランドがオンラインサービス、通信機器・サービスからでした。Vivo、Samsung、Tokopediaがトップ3を独占し、Hilo Chocolate Banana、Oppoがそれに続く。

3 大広告主のうち、デジタル広告に最も多く予算を配分したブランドはサムスンで、42%、クリエイティブ・コピーラインは 444 件であった。トクペディアは広告予算の36%をデジタルに割り当て、17,351のクリエイティブ・コピルラインを獲得した。一方、デジタル広告の割合が26%のVivoは、334のコピルラインを獲得した。

フォーマットとしては、Videoがブランドオーナーに好まれている。Vivoの広告の81%はVideoフォーマットで、Displayフォーマットは19%に過ぎない。Vivoと同様に、Samsungも広告の87%をVideoフォーマットで掲載しています。前者2社とは異なり、Tokopediaは54%がDisplay、46%がVideoで、よりバランスが取れている。

「消費者がインターネットを利用する時間が長くなり、その時間は1日あたり約2.5時間から3時間以上へと大幅に増加したため、過去3年間、デジタルメディアはブランドオーナーが広告予算を使う重要な選択肢の1つとして考えられてきました。とNielsen MediaのエグゼクティブディレクターであるHellen Katherinaは述べています。デジタルメディアは、テレビが席巻する中、"新人 "として広告費の面でその存在感を示すことができたのです。

インドネシア語で読む

ジャーナリスト、編集者の方々へのメッセージです。

  • ニールセンは、ジャーナリストや編集者がニールセンのデータを情報源とする場合、記事にニールセンの方法論に関する簡単な説明を含めることを強く推奨しています。
  • ニールセンのデータを参考として、不正確な可能性を避けるため、上記担当者にご遠慮なくお問い合わせください。
  • ニールセンは、記事中のニールセンデータ使用の不正確さに対して、返信する権利を有します。

ニールセンについて ニールセン デジタルAd Intel

広告費情報は、インドネシアの広告活動をモニタリングしているアド・インテルのデータから引用しています。2018年の広告モニタリングは、全国テレビ局15社、新聞98社、雑誌・タブロイド紙65社、ウェブサイト200社を対象としています。広告費の数値は、割引、ボーナス、プロモ、パッケージ価格などを計算しない、グロスレートカードに基づくものです。

ニールセンについて

Nielsen Holdings plc (NYSE: NLSN) は、世界中の消費者と市場について、最も完全で信頼できる見解を提供するグローバルな測定・データ分析企業です。ニールセン独自のデータと他のデータソースを組み合わせることで、世界中のクライアントが、今何が起きているのか、次に何が起きるのか、そしてその知識を基にどのように行動すればよいのかを理解できるよう支援しています。ニールセンは90年以上にわたり、科学的厳密性と革新性に基づいたデータと分析を提供し、メディア、広告、小売、消費財業界が直面する最も重要な問題に答えるための新しい方法を開発し続けています。

S&P500社の一社であるニールセンは、100カ国以上で事業を展開し、世界人口の90%以上をカバーしています。詳細については、www.nielsen.com をご覧ください。

お問い合わせ

ニールセンカンパニーインドネシア

Mila Lubis

miladinne.lubis@nielsen.com

+62 855 108 2304