本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>イベント

NYC Television Week 2019:信頼と真実がテレビの未来を動かす

4分で読めるシリーズ|2019年11月

Nielsenは最近、米国のテレビ業界の進歩、課題、革新に焦点を当てた主要な会議であるNYC Television Weekで注目を浴びました。今日の視聴者は、かつてないほど多くのビデオコンテンツを視聴することができ、時間を見つけては多くのビデオコンテンツを視聴していますが、無限にあるように見える選択肢に人々がやや圧倒されていることを示す兆候も見られます。 

この一週間を通して、私たちのリーダーは、視聴者の信頼と注目を得るために、業界全体のプレーヤーが広告と番組をどのようにパーソナライズできるかを共有しました。信頼性の高い代表的なデータは、すべての視聴者のユニークなニーズを引き出す鍵となります。 

メディアの選択肢と消費者がデバイスに費やす時間は共に増え続けており、メディア全体に大きなチャンスをもたらしています。"出版社、放送局、機器メーカーなど、この分野のすべてのプレーヤーは、消費者の体験を豊かにし、理解し、尊重する必要があります。, Nielsen Global Media社の最高製品・技術責任者であるKarthik Rao氏は、多くの業界リーダーを前に、次のように述べました。 ニールセンについて 消費者がさまざまなメディアを利用する時間をいかにうまくマネタイズするか。

消費者のニーズを最優先することは、信頼感を醸成し、視聴者の時間を獲得するために不可欠です。-このことは、広告に関しても言えることです。この数年、テレビ業界では この数年、アドバンスト広告はテレビ業界にとって最大の成長分野のひとつとなりました。それは、広告主がリーチしたいと思う視聴者にのみメッセージを送ることで、パーソナライゼーションを実現するためです。当然のことながら、この週の多くの話題の最前線はこの広告でした。

よりターゲットを絞った出費の魅力で、より多くのクライアントが関心を示し、いくつかのプラットフォームでは予算が2倍、3倍になったこともあります。進歩はしていますが、このようなターゲティングはまだ初期段階です。このプロセスを加速させるためには、コラボレーションが鍵となる。-のプレーヤーが、視聴者だけでなく、クライアントや業界のパートナーとの間に信頼を築くことができるかどうかにかかっています。.Advanced Advertising トラックで行われた「Progress Report」パネルで、Nielsen Global Media の Advanced Video Advertising 担当ジェネラルマネージャーの Kelly Abcarian は、「摩擦をなくし、効率を高める方法での真のコラボレーションが、業界を前進させる」とコメントしています。

高度な広告によって生み出されるような、よりパーソナライズされたコンテンツ提供の構築は、今後ますます重要になる-がますます重要になります。ストリーミング業界は、すでにこのことを示 しています。メディアの選択肢が増えたことで、メディア消費は増加しましたが、ストリーミングサービスに関しては、消費者の関心は、有料会員を一つの顔に集約することに集まっています。ストリーミング・サービスの断片化が進むにつれ、消費者は幻滅し、ビデオ購読の管理が難しくなってきています。ニールセンのピーター・カツィングリス(Nielsen Global Media、Audience Insights担当SVP)は、このイベントの参加者に、「ニッチコンテンツを使用して、そこにいる多くの消費者に対応する」ことをアドバイスしました。-データを使って視聴者を理解すれば、失敗することはないのです。

細分化が進む業界では、信頼できる測定が求められています。業界の成長と変化に伴い、私たちはニールセンの測定方法を進化させ、「One Media Truth」を提供し続けています。よりパーソナライズされたメッセージと番組でテレビの未来を牽引するために、テレビ業界はすべての消費者を忠実に反映したデータを必要としています。 

「Nielsen Global Mediaのクライアントサービス担当SVPであるPaul Lefortは、次のように述べています。「私たちは、監査と認定を受け、完全に代表的で、直接人の計測を行うパネルからの完全で連携した計測と、ビッグデータの利点と規模の両方をブレンドすることが、この断片化した世界における視聴ビデオの計測に対する最善のアプローチの1つだと考えています。 

多文化が混在する現代において、単にビッグデータに頼るのはもはや限界に達している-b2044年には、米国国勢調査の推計によると、米国人口の50%以上が黒人、ヒスパニック、アジア系アメリカ人になると予想されています。 ケリー氏は、「測定が包括的であることに細心の注意を払わないと、オーディエンスを取り残すことになる」と強調しました。

「私たちのパネルにおけるダイバーシティ&インクルージョンの役割は、とても重要です。製品やデータだけの問題ではなく、会社全体に影響を与え、向上させる、より広範な問題です」とカーティクは指摘します。 

写真は上のものです。Progress Report」パネルに登壇したKelly Abcarian氏。