本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>製品

ニールセン、エンドツーエンドの広告キャンペーン測定を可能にする「Nielsen ONE Alpha」の次のフェーズを発表

3分で読めるシリーズ|ニールセンメディア マーケティングマネージャー ベリー・パント氏|2022年6月号

アドバンストオーディエンスやアウトカム測定などの次世代機能により、キャンペーンを見た視聴者や消費者の行動を一元的に把握することができます。

ニューヨーク - 2022年6月15日 - ニールセン(NYSE: NLSN)は、広告キャンペーンをエンドツーエンドでサポートするために、オーディエンス測定と高度なオーディエンスおよび成果測定の力を結集したクロスプラットフォーム測定ソリューション「Nielsen ONE Alpha」の次のフェーズを発表しました。これらの追加機能により、広告キャンペーンを見たオーディエンスから、キャンペーンがニッチなオーディエンスに配信された方法、キャンペーンを見た結果それらのオーディエンスが取った行動まで、メディアジャーニーの各段階におけるオーディエンスの比類ないビューが提供されます。高度なオーディエンスに対するインプレッション、リーチ、フリークエンシー、そしてROIや効果などの成果測定指標を含むこれらのインサイトにより、広告主や代理店は今後のキャンペーンや投資を最適化し、情報提供することが可能になるのです。

Nielsen ONE Alphaにアドバンストオーディエンスとアウトカム測定を組み込むことで、キャンペーンを見たオーディエンスと、そのキャンペーンの結果(消費者が取ったかもしれない販売やその他の行動を含む)を一望できるようになる。例えば、自動車広告主が新車の広告キャンペーンを展開し、ターゲット層が競合ブランドの購入者である場合、広告主はそれらのセグメントにおけるキャンペーンのリーチと頻度を確認することができるようになります。また、そのデータから、広告主はキャンペーンがどの程度効果的であったかを確認することができます。

「Nielsen ONE Alphaの立ち上げに続き、今年中にクロスプラットフォームの指標を市場に投入するため、私たちは大きな前進を続けています。 また、マーケターにとって最も重要な指標を追加しながら、より多くの機能を追加するためにソリューションを革新し続けています。「リーチやフリークエンシーと並んで高度なオーディエンスや成果測定をプレビューすることで、マーケターが行っている投資の価値、リーチしているターゲットオーディエンス、行われているアクションを単一のビューでよりよく理解できるようになる次世代ソリューションで支援します」と述べています。

高度なオーディエンスを含めるには、まずS&P Global Mobilityによるポークの自動車関連オーディエンス・セグメントを統合し、その後追加グループやクライアントのファーストパーティセグメントを含むオーディエンスを統合する予定です。最初の成果物には、消費財のアトリビューション・メトリクスが反映され、自動車関連キャンペーンがそれに続く予定です。ニールセンは、広告主や広告代理店に強力なソリューションを提供するため、これらの追加機能について業界と検討を続けていきます。

Nielsen ONE Alphaは、重複排除されたクロスプラットフォーム広告測定を提供し、今年末に一般提供を開始する予定です。これらの新機能は、2023年にユーザーインターフェースに導入される際も、アルファ版のままとなります。

ニールセンは、6月20日(月)~24日(金)に開催されるカンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルにおいて、これらのNielsen ONEの新機能のデモンストレーションを実施します。6月20日(月)から24日(金)まで開催されるInternational Festival of Creativityにて、ニールセンの新しいNielsen ONE機能のデモンストレーションを行います。詳細はこちら ニールセンについて Nielsen at Cannes.

ニールセンについて

ニールセンは、視聴者測定、データ、アナリティクスのグローバルリーダーとして、世界のメディアとコンテンツを形成しています。あらゆるチャネルとプラットフォームにおける人々とその行動を理解することで、クライアントが現在そして未来の視聴者とつながり、エンゲージできるよう、独立した実用的なインテリジェンスを提供しています。

S&P 500 企業である Nielsen (NYSE: NLSN) は、世界 55 ヶ国以上で事業を展開しています。詳しくは、www.nielsen.comまたはwww.nielsen.com/investorsをご覧ください。また、ソーシャル・メディアで私たちとつながってください。

 

お問い合わせ

Nielsen
John Casey
john.casey@nielsen.com