本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>製品

ニールセン、今後1年間のキウイの旅行先はオーストラリアが1位に

3分で読む|2023年9月

シドニー-2023年9月25日- ニュージーランド人が学校休暇に入る中、視聴者測定、データ、アナリティクスの世界的リーダーであるニールセンは、ニュージーランド人の旅行計画と、彼らを惹きつけるために増大する広告予算に関する最新の洞察を発表した。

キウイの58%(プランニング )が今後1年以内に旅行する都市としてオーストラリアの都市を挙げており、次いで31%がクック諸島、フィジー、サモアなどの太平洋諸島への旅行を希望している。24%はイギリスかヨーロッパでの休暇を考えている。

不思議なことに、オージー・アドベンチャーを目指すキウイ人のうち、約4分の1は熱心な新聞読者であり、他の旅行人口より9%多く、週に4紙以上の新聞を読む傾向がある。

ニールセン・コンシューマー&メディア・ビュー(CMV/CMI)*によると、調査対象となったニュージーランド人の90%(375万人)が今後1年間に旅行を計画しており、大多数(330万7000人)は地元での滞在を希望している。

地元で最も人気があるのはクイーンズタウンで30%、次いでカンタベリーとクライストチャーチが21%、オークランドが19%だった。

地元旅行の魅力は依然として強いが、ニュージーランド人の40%(167万8000人)は次の旅行を海外に求めており、そのほとんどの視線はタスマンの向こう側に向けられている。

個人旅行の理由については、国内外を問わず、82%のキウイ人が「くつろぎと充電」のためと答えている。しかし、プランニング 、海外に向かう人のうち71%は、新しい文化、伝統、歴史を体験することも旅行の重要な理由だと答えている。

ニュージーランド人のデジタル化が進む中、Helloworld Travelはニュージーランド人のオンライン旅行予約サイトとして確固たる地位を築いている。海外旅行者の54%、国内旅行者の47%が、このサイトを最初の選択肢としている。

一方、回答者の71%(2,933,000人のキウイ人に相当)は、今後1年間にクルーズに行くことに前向きで、太平洋諸島、NZの景勝地、オーストラリア、カリブ海、ギリシャや地中海のさまざまな島々に魅力を感じている。

また、ニールセン・アドインテル**のデータによると、2022年8月から2023年7月までのニュージーランドにおける旅行関連カテゴリーの広告費総額は、全体で216,273,000ドルという驚異的な金額で、ニュージーランド航空、フライトセンター、クライストチャーチ・インターナショナルが最大の広告主リストのトップとなっている。

旅行代理店」カテゴリーにおけるNZの広告費だけでも、1900万ドル(2021年8月~2022年7月)から5190万ドル(2022年8月~2023年7月)へと大幅に増加した。

ニールセンについて 

ニールセンは、視聴者測定、データ、アナリティクスにおけるグローバルリーダーとして、世界のメディアとコンテンツを形成しています。あらゆるチャネルやプラットフォームにおける人々とその行動を理解し、独立した実用的なインテリジェンスを提供することで、クライアントが現在そして将来にわたって視聴者とつながり、エンゲージできるよう支援しています。ニールセンは、世界55カ国以上で事業を展開しています。 

詳しくは、www.nielsen.comやソーシャルメディアアカウントをご確認ください。 

メディアお問い合わせ先

Dan Chapman
Assoc. Director, Communications, Nielsen APAC
dan.chapman@nielsen.com
+61 404 088 462

備考

*出典Nielsen CMI, YE Q1 2023 data (Q2 2022 - Q1 2023)
**Source:ニールセンアドインテル(2021年8月~2022年7月)、(2022年8月~2023年7月)