本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>マーケティング・パフォーマンス

ニールセンのデータによると、オーストラリアの高等教育の広告費と入学希望者数が急増

3分で読む|2023年9月

シドニー-2023年9月12日ニールセンは、オーストラリアの高等教育セクターに関する最新のCMV(コンシューマー・メディア・ビュー)と広告インテルのデータを発表した。

ニールセンCMVによると、オーストラリア人(16歳以上)のうち、今後1年以内にTAFEまたは大学で学ぶ意向を示す人の割合が劇的に上昇している。2019年にはわずか7%だったが、2023年時点では2倍以上の15%に跳ね上がっている。

来年中に高等教育機関への進学を予定している最大のグループは、16歳から17歳の高校卒業生だが、それ以上の世代も進学を希望している。

今後1年以内に高等教育機関への進学を予定している者の年齢内訳:

16-17:55%
18-24:14%
25-39:41%
40-54: 25%
55+: 10%

また、翌年以降に高等教育を受けたいと考えている人の76%が現在職に就いており、その内訳はフルタイムが44%、パートタイムが32%、カジュアルワークが19%となっている。

ニールセン・アド・インテルのデータによると、オーストラリアの高等教育機関は新入生獲得のために多額の広告費を投じており、2022年7月~2023年6月の会計年度の広告費は合計で2億1,000万ドルを超えている。また、前年度比で25%増加している。

ソーシャルメディアは広告費全体の1億2640万ドル(約60%)を占め、ターゲティング・プラットフォームのトップはフェイスブックだった。一般的なディスプレイ広告とメトロTV広告も広告ミックスで多用されたが、それでもソーシャルに圧倒された。 

広告費の内訳は、TAFEや大学進学の選択肢を考える高校生を引きつけるための後押しを反映している。

さらに、留学を希望する人の55%が親であるか、あるいは家に子供がいる。このグループのうち、5歳未満の子供が少なくとも1人いるのは21%、5~12歳の子供が少なくとも1人いるのは28%、13~17歳の子供が少なくとも1人いるのは27%である。このことは、家庭を持つ人々に教育の機会とキャリアアップを提供する高等教育提供者の必要性を浮き彫りにしている。

今後1年以内に高等教育を受けようと考えている中高生は、オンライン広告に反応する確率が平均的な人口よりも82%高く、動画広告をクリックする確率は約2.5倍、バナー広告をクリックする確率は約2.5倍高い。さらに、オンライン広告やモバイル広告は、自分の興味に合わせたものであれば役に立つと考える人が31%おり、これは平均的な人口よりも48%高い。

ニールセンについて

ニールセンは、視聴者測定、データ、アナリティクスにおけるグローバルリーダーとして、世界のメディアとコンテンツを形成しています。あらゆるチャネルやプラットフォームにおける人々とその行動を理解し、独立した実用的なインテリジェンスを提供することで、クライアントが現在そして将来にわたって視聴者とつながり、エンゲージできるよう支援しています。ニールセンは、世界55カ国以上で事業を展開しています。

詳しくはwww.nielsen.comやソーシャルメディアアカウントをご確認ください。

メディアお問い合わせ先

Dan Chapman
Assoc. Director, Communications, Nielsen APAC
dan.chapman@nielsen.com
+61 404 088 462

出典

*ニールセンCMV、2020年7月~2019年6月、2022年7月~2023年6月、ベース:16歳以上の全人口とニールセン広告インテル