02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

世界の広告トレンド - 2012年第2四半期

1分で読む|2012年9月

主なイベント

  • 世界のオンライン消費者信頼感指数、2012年第2四半期は3ポイント低下し91に
  • 裁量的支出と貯蓄はすべてのセクターで世界的に減少し、消費者の3分の2以上が支出を節約するために消費習慣を変えた。
  • ユーロ圏の危機は悪化の一途をたどり、経済大国中国のGDP下方修正も重なった。

主な事実

  • 2012年上半期、広告主は慎重な支出を続けているが、予算は+2.7%と増加傾向にある。
  • 北米は引き続きプラス傾向、広告予算は2.4%増
  • 一方、欧州では広告予算の削減がさらに進み、2012年上半期の広告費は前年同期比2.7%減となった。

2012年上半期の世界の広告費は2,660億米ドルで、前年同期比2.7%増となった。 自然災害や政治的暴動、欧米両国の金融危機の波紋が大きかった2011年上半期と比較すると、増加幅は比較的抑えられた。

中国のような経済大国でさえGDPの下方修正と前例のない広告予算削減に直面している不透明な経済環境の中で、広告主も消費者も慎重に行動しているのは明らかだ。ニールセンによると、欧州、中国、そして米国の雇用市場の停滞が懸念される中、世界の消費者信頼感は第2四半期に3指数ポイント低下し91となった。

欧州では広告予算の削減が続いているが(2012年上半期は前年同期比2.7%減)、北米の広告費は第2四半期にプラス傾向を示し、前年同期比2.4%増で2012年上半期を終えた。この増加の一因は、第2四半期の産業・サービス広告が12.4%増加したことで、これには11月の米国大統領選挙を控えた政府・政治広告が含まれている。

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける